LOOTONE

lootone.exblog.jp

子供を守るという事

(注意:ネットからの抜粋です。)

バイト先での話。

店で万引きをした中学生を捕まえたんだが
とりあえず親と警察に連絡をした。

店長と自分、中学生の三人で警察が来るのを待ってたら
母親が先に到着して怒鳴り込んできた。

よくあるような
「うちの子の将来をどうしてくれるんだ」「訴えてやる」みたいな感じで
ギャーギャー喚いてた。

自分はこれがうわさに聞くモンペか、すげえなと思って見てたたんだが
母親が「子どものしたことなんだから」って言ったとき、
ずっと黙ってた店長が口を開いた。


「その言葉はやられたほうが許すときに使う言葉だ。」


母親は驚いた表情をしているところに続けて、
「それに、子どもには責任はないのかもしれんが、でも、それは親の責任だ」

「本当に子どものことを思ってる親なら、
 子どもが二度とこんなことをしないようにしっかりと叱って、
 迷惑をかけたことを子どものかわりに懸命に謝って、
 子どもと一緒に償おうとするはずだ。」

「あんたは自分が嫌な噂を立てられたくないから喚いてるだけで
 結局自分のことしか考えてない。」


こんな感じで間髪いれずに警察が来るまで話していた。

母親は何も言えなくなってたし、中学生は泣いてた。
警察が到着して、中学生と母親は連れて行かれた。

あとから店長に、すごいですねって言ったら

「子どもを守るっていう意味をはきちがえてる親が多いんだよな。」

って笑いながら言ってた。
[PR]
by lootone | 2009-11-27 22:52 | ・子育て