LOOTONE

lootone.exblog.jp

後味の悪い話その2

(注意:ネットからの抜粋です。)



普通学級に通学するのが、物理的に困難な障害児の入学を
ゴリ押しする親や人のニュースを見るたびに、以前に見た
ドキュメンタリーを思い出す。

サリドマイド児の親のドキュメンタリーだったのだが。

生まれついて重い障害を負って生まれた息子の為に、
親は「サリドマイド児の親の会」を立ち上げて、休日は全て会の活動。

「障害者に理解のある社会=息子の為」との強い信念のもと、
息子を連れて積極的にマスコミにも出たり、講演活動も行った。

さらに、息子を普通学級に進学させた。
息子は重い障害を負いながらも大学に進学。
一時は、マスコミにもてはやされた。

が、大学卒業後、障害を負った息子は何処にも就職できなかった。

ここで、息子は生まれて初めて本音をぶっちゃける。

「子供の頃から、人前でさらし者にされて辛かった。」

「休みの日くらい、家族だけで過ごしたかった。
家族だけで遊園地や旅行に行きたかったのに。」

「普通学級になんて行きたくなかった。
手の無い俺が、普通学級でどれだけ不自由で辛く、孤独だったか。
どれだけ、危険で屈辱的(同級生による排泄介護等)な思いをしたか!」と、
延々と恨み言を言い出した。

で、親が「何で言ってくれなかったんだ!」と反論したら

「言ったが、全て“お前のためだ”で済まされた。
一度だけ、同じ障害を持つ子供たちがいる養護学校に行きたいと言ったら
“負けるな”と説教された。」

「俺みたいな障害を持った子供が、親に見捨てられたら生きていけない。
だから、言いなりになっていた。」

「お前たちは“俺の為”と言っていたが、結局は自分たちが
社会から注目されてチヤホヤされたかったダケだろう。
養護学校に進学した同じ障害を持った連中は、職業訓練を受けて
就職して自立しているのに、親の見栄で、普通学級に進学させられた俺は、
就職できなかった。」

「俺の障害を受け入れてくれない、見栄っぱりな親のせいで、
俺の人生はメチャクチャにさせられた!」

結局、息子さんは親に対する恨みつらみの遺書を残して自殺。

最後に親御さんは「もっと息子の気持ちを考えてやれば良かった。」

「健常児と同じようにする事が、息子の為だと思っていたが、間違いだった。」と
嘆いていたな。
[PR]
by lootone | 2010-03-23 02:33 | ・子育て