LOOTONE

lootone.exblog.jp

ストレスに対処する能力の高い人

(ネットからの抜粋です↓)

元気になる力があれば、困難(=ストレス)は乗り越えられる、
という話をした。

ここで言う元気になる力を持っている人とは、ストレスに強い人
(ストレスに対処する能力の高い人)だ。

このことをもう少し理解するために、人生で遭遇する困難(ストレス)を、
雨だと考えてみてほしい。

「雨が降らないで、晴れが続けばいいなぁ」と誰もが願う。

でも、雨が降らなければ草木は枯れるし、渇水が起こる。

人生の雨も、それと同じだ。

雨(=ストレス)がずっと降らないと、あまりに退屈で
「何か起こらないかな」と、期待するようになる。

かといって、雨が降ってきた時に傘を持っていなければ、
ずぶ濡れになって風邪をひく。

最悪の場合には、取り返しのつかない大病を患うこともあるのだ。


様々な傘を持てばストレスに対抗できる

ストレスに強い人は、この雨の種類を予測して、それに合った傘を
巧みに使い分ける。

にわか雨には折りたたみ傘、
パラパラ雨にはビニール傘、
豪雨の時には骨組みの太い傘、
暴風雨で傘が役立たない時はレインコート、
そんな具合にいくつもの傘を取捨選択して、
人生の雨の中を歩き抜く。

この傘の役目を担うのが、元気になる力だ。

おそらく多くの人は、「ストレスに強い人」と聞いて、

・意志の強い人
・鈍感な人
・楽観的な人
・ポジティブに物事を考える人
・我を通す人
・自信のある人
・行動力のある人
・目標のある人

などを思い浮かべることだろう。
これらはすべてが元気になる力(=傘)で、雨しのぎに大いに役立つ。

だが、実はいちばん大きくて頑丈な傘は、信頼できる他人の力を借りること。

自分の傘が折れてしまった時には、他人の傘が役に立つ。

実証研究でも、ストレスに対処する能力の高い人の多くが、
信頼できる傘を持っていることが明らかになっている。

他人の傘を見つけることさえできれば、自分の傘を持てない人も
ストレスの雨に濡れずにすむ。

元気になる力は、自分だけで準備するのではなく、
他人からも借りられるものなのだ。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20081023/174824/
[PR]
by lootone | 2010-09-10 14:20 | ・ある出来事と言葉