LOOTONE

lootone.exblog.jp

毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。

(注意:ネットからの抜粋です↓)


毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。


結構なことのようだが、本当は危ない症状なのだ。

「過緊張」といい、それが疲れの原因になっているというのだ。

働き盛りに見られる不眠、肩こり、体のだるさ、ほてり、女性に多い冷え症もそうだ。

病気とまではいえないが、ほっておくとよくない。

几帳面、まじめ、頑張りすぎが「過緊張」を引き起こす。


「過緊張」とは、心や体の緊張が進んでしまい、ゆるめたくても自分ではゆるめられない状態をいう。

病気というほどではないが健康でもない、いわゆる「未病」を引き起こす「元凶」ともいえる。


たとえば、毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。

体内時計が朝起きる時間を覚えているなどと自慢げに話す人がいるが、そんなことを言っている
場合ではない。

仕事へ出かけなければならないという緊張状態からくる一種の症状で、ストレスが溜まっていく
前ぶれなのだ。
[PR]
by lootone | 2011-02-07 10:35 | ・ある出来事と言葉