LOOTONE

lootone.exblog.jp

とてもヤバイ、ウンコの話

(注意:ネットからの抜粋です↓)


すでに問題は進行していて各地で大きな問題になってきているんだけど、
一般的には表沙汰になっていない話を1つ。

全国各地で、ウンコの配管が詰まりまくってる。

いやまあ、便器や配管がウンコ詰まりするという現象は別に目新しい話ではないんだけれど、
ここ数年、その件数が飛躍的にアップしているのだ。

何故、そうなるのかというと、便器洗浄の節水競争で、ウンコと共に配管に流れ出る水の量が
減っている為に、ウンコが途中で止まってしまったりする事が増えたからだ。

便器は進化しているのかもしれないが、便器から流れ出た、ウンコと水が配管を通って、
浄化槽や下水道まで流れ着くまでの技術はほとんど進化してしないのだ。

何故、進化しないのかというと、単純に、配管内を重力によって、一定方向に導くのが原則なので、
せいぜいが配管抵抗を減らす事くらいしか出来ない。

ウンコ用の配管なんて、汎用の塩ビ管やせいぜい鉄管の内側に塩ビをライニングした程度のものしか
ないので、そんなにコストをかけられない。

そしてその配管設計のガイドラインは何十年も前から全く変化していないのだ。

(ウンコが途中で止まるなら、配管の勾配をもっときつくすればいいじゃん。って感じがするんだけど、
それをやるとウンコより先に水が流れちゃってウンコが停止してしまう。ウンコは水と共にプカプカと
一緒に流れていくものなのだ。ウンコは粘土があるのでひっかかりやすい)

実務者の間では、節水便器をつける場合は、配管ルートや距離、勾配に細心の注意を払え、
マジでやべえぞ。という話にはなっているんだが、建築設計の先生方はそんな事は何も知らんで
エコエコ節水をわめいている。

それらの便器メーカーも節水を叫ぶばかりで、便器から先のことは知らんとばかりに
なんの注意も促さない。

恐ろしい事に節水を叫ぶメーカー(某2社)は、某社にシェアや売り上げで追い詰められており、
もはや逆転は時間の問題と言う事になっている。

逆転されない為に、逆転されても死なない程度に頑張る為には、節水を叫び続けるしかない。

研究開発も節水に対して突っ込んでいる為に、どうやら方向転換は出来ない様子。

そういう状態なので、これからしばらくの間は、配管のウンコ詰まりのリスクは高まり続ける。

設計事務所もメーカーも知らんぷりを続けるでしょう。そのツケはユーザーに降りかかります。


自宅の便器を新しいものにしたいと考えているあなた。

恐らく、今使っているものよりも節水型を選ぼうとしていると思います。

節水のタイプもいろいろあります。

水の使用量が最小のものは避けましょう。

便器から先の配管や設備が、最新節水型便器に対応していない可能性が高いです。

地元工務店や水道工事店としっかり打ち合わせして決めて下さい。

節水の機能のみアピールしたり、エコエコアピールするような業者には要注意。

楽天あたりで、安く買って自分で付けようとしている人もいるでしょう。

工事はそう難しくは無いので取り付けは楽ですが、便器の先の配管のことをよく考えてください。

新築住宅を考えている人、建売ならしょうがないですが、細かい注文ができるのなら、
節水便器についてよく確認して下さい。

特に敷地が広くて、浄化槽や下水本管までの距離がある場合は特に注意です。

某2社はこれからさらに節水競争を突き進めます。

某社が最近、さらに一歩リードして公式サイトもリニューアル。

TV-CMも始まります。

もう関係者からしたら断末魔にしか聞こえません。

ぶっ倒れるまで走り続けるのでしょう。

目の前の危機は解っているのに走りは止められない。

ウンコ詰まりリスクは上がっても、節水にすがりつくしかない。

まあ実際には倒れる訳にはいかないので、いつかは負けを認めて、なにがしかの転向を行うはずですが、
やばい製品を世の中に出し続けた責任ってどうなるんだろうなあ。

http://anond.hatelabo.jp/20110214230635
[PR]
by lootone | 2011-02-25 18:06 | ・ある出来事と言葉