LOOTONE

lootone.exblog.jp

人を変えることは簡単ではない

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



[岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは]


「何でもやってもらえるもんだ」と思っている人が多いんです。

例えば、スランプになった選手というのは大体、ものほしげにこっちを見るんですよ。

「何か教えてほしい、助けてほしい」という顔でね。

言ってやれることはいっぱいあるんですよ。

ボール蹴る時の動きとか走り方が悪いとかいろいろあるんですけど、たいてい言ってもダメなんですよ。

コーチは何やかんやアドバイスしようとするのですが、「ほっとけ、ほっとけ」と言うんです。



スランプの泥沼にあえいでいる奴らが10人いるとするじゃないですか。

泥沼であえいでいる時に早く手を出してバッと引き上げても、手を離したら大体もう1回落ちるんですよ。

そして2回目に落ちた時というのは、中々上がってこない。

これ放っておくと、10人いたら5人はそのまま沈みます。

でも、5人は必死になってもがき苦しんで、自分の力で淵まではい上がってくる。

その時に手を貸した奴は残ります。



その代わり5人はそのまま沈んでいきますよ。

そいつらからは「あの人は何もしてくれない。ものすごく冷たい人だ」と言われますよ。

だから僕はコーチに、
「お前な、今お前が手を貸したら、『あの人はいい人だった』と言ってくれるけど、
みんなまた落ちてしまうぞ。
放っておいたら5人には『ひどい人だ』と言われるけど、5人は残るぞ。
お前どっちをとる?」
と言うんです。

これはコーチにはちょっと酷で、人事権を持った監督でないと中々できないんですけど、
それくらい誰かに頼るんじゃなくて、自分でやるという人がものすごく少ないんですよね。



芝生でもそうなんです。

肥料や水をバンバンやると根が伸びないんです。

見た目はきれいなんですけど、スパイクでちょっと歩くとグニャっとめくれるような芝生になってしまいます。

芝生も大したもので、水をちょっとやらないと茶色くなって枯れたふりをするんです。

そこで水をやると、「人間、まだ甘いな」となめてかかられる。さらに放っておくと、「やばい」と思って、
自分で根を伸ばして水を探しに行くんですよね。

マリノスの時に「この芝生、また枯れたふりしていますから」と言って水をやらなかったら、
そのまま枯れたことが1回ありましたけど(笑)。

これは難しいところなんです。



でもそういうもんでね。

「いろんなことを人にやってもらうんじゃなくて、自分でやらないといけない」という意味を
our teamという言葉に込めています。



岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは
[PR]
by lootone | 2011-08-26 10:17 | ・ある出来事と言葉