LOOTONE

lootone.exblog.jp

危機のときに「失ったもののリスト」を作る人間には未来はない。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


震災のとき、「自分が失ったもの」を数え上げ、それを「返せ」と言い立てる人たちと、
「自分にまだ残っているもの」を数え上げ、それをどれくらい有効利用できるかを
考えた人に被災者たちはわかれた。

危機を生き延び、すみやかにそのダメージから回復することができたのはもちろん後者である。

危機のときに「失ったもののリスト」を作る人間には残念ながら未来はない。

窮乏シフト (内田樹の研究室)
[PR]
by lootone | 2011-11-20 11:31 | ・ある出来事と言葉