LOOTONE

lootone.exblog.jp

いじめっ子の現実

LOOTONE ARTWORKS

(ネットから一部抜粋です↓)


私はとある理由で、同窓会にはまだ生涯で1度しか出席したことがありません。

特に先日、私が過去に遭遇した教育現場の生臭い話をした中学時代の同窓会には、
一生出席しないと思います。

最大の理由は、いじめを行ったほうも私を脅迫した教師も、『そんなこと無かったかのように』
にこにこ笑っているのが我慢ならないから。

担任は確信犯ですが、いじめっ子のほうは中学だけでも約二年半ぐらい、私や私以外の
人間をいじめ続けました。

その場でいじめっ子の彼にさりげなく「いやあ、お前にはいじめられたからなぁ」と話を振って
帰ってきた台詞がこれ。

「えっ? そんなことあったっけ?」

「いやあ、あん時は若かったよなぁ」


すべて「若気の至り」で完結していました。

いじめられた方は恐怖と怒りと怨念の記憶とともに人生を歩むことになりますが、
いじめた方は真実何も覚えていないか、そもそもいじめをしたという自覚すらありません。

少なくとも私にいじめを行った人物についてはそうでした。

「ふざけるな!」と怒りのあまりにわめき散らしてその場を凍り付かせても良かったのですが、
その場は笑顔をキープして、二次会は避けました。

もっとも、笑顔の下で表情筋がこわばっていたのを、今でも覚えています。

ちなみに彼のよくやったいじめは、「授業中、板書している先生の目を盗んで
前の席の生徒の背中を殴りつけ、悲鳴をあげさせて授業を中断させる『遊び』」と
いうものでした。
(授業中の教師は基本教科書か黒板しか見ていない)

彼にとっては単なる一過性の『娯楽』だったので、1年前のお笑い芸人のネタを
視聴者が覚えていないように、彼もまったくいじめについては記憶していません。

せいぜい、「若い頃はやんちゃだったな」程度の認識。

私は何をされたか具体的にここで書けるほど覚えていますが、これが実際の加害者と
被害者の温度差なのではないかと思います。

ゆえに、あえて言います。

自殺しても無駄死にだと。

「いじめられっ子の究極の自己主張は、実名を記載した遺書を残しての自殺である」という、
報道なども含めた現在の状況(というか雰囲気)は、いじめられっ子に対しては何ら利しません。

むしろいじめられっ子に「自殺すれば声が届く」と勘違いさせ、自殺を促すことになりかねません。

本当に知らしめるべきは、十年後二十年後の同窓会で私が遭遇したいじめっ子の姿であり、
脅迫に荷担した担任教師の笑顔であるべきだと思います。

そう、彼らはいじめなど無かったことにして笑顔で同窓会に出席しているのです。

まあ学校ぐるみで「我が校にいじめなど無い」と、いじめられた方に言い切った学校に
所属していたわけですから、彼らにとっていじめなど無かったのでしょう。

ただ、当時私はその『遊び』のお陰で、背中が痣だらけでしたが。

だから、いじめを受けている子供たちに言いたい。

『死ぬな』

と。


かかづのばかもやすみやすみ
[PR]
by lootone | 2011-12-07 17:45 | ・子育て