LOOTONE

lootone.exblog.jp

僕が殺した・・

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



一昨日の事。


飼っていたペットの犬の命日だったので、家族でお墓参りに行った。

犬の名前は「ココ」。

三年前に怪我による出血多量で旅立って行った。

ココの墓石へ向かう途中、突然8歳の息子が啜り泣き始めた。

ココとの思い出が蘇ったのだろうか。

しかし今は新しい犬が我が家にやって来たし、さすがに三年も経てば
ココとの名残も尽きているはず…。

それに、一番の親友との別れを悔やんでいると言うよりは、何かに
対して怒りをぶつけるように悔し泣きしているように見えた。

気になって「どうしたの?」と聞いてみた。

息子は真っ赤な顔で呟いた。

「僕のせいでココが死んだんよ・・・・・ココ殺しちゃったんや僕!」


一瞬何を言っているのか分からなかった。

当然、息子がペットを殺したなんて俄に信じられるはずもない。

息子は泣きじゃくりながら一部始終を話してくれた。


ココは死ぬ一週間ほど前から、老化によって体が衰弱していた。

更に追い打ちをかけるように、錆びてボロボロになったココの犬小屋の
鉄格子で左足を傷付けていたのだ。

ココが死ぬ前日の事だった。

様子を見に行った私は、初めてその傷を発見した。

急いで家に戻り、クローゼットから救急箱を出していたら、近くにいた
息子が「ココ怪我したん?僕治してくる!」と言った。

当時まだ5歳の息子には、消毒や止血、包帯を巻くといった工程なんて
とてもできないと思っていた。

それでも譲らない息子は、救急箱から包帯だけを手に取って玄関へ
向かった。

私が後を追おうとしたら、

「母ちゃんはええの!一人で助ける!」

と言って、結局一人で犬小屋へ行ってしまった。


その後息子は、ココの怪我の箇所を探そうとココに近寄ろうとして、
怯えていたココに吠えられたらしい。

その時にビックリした拍子で、誤って傷口を踏んづけてしまったのだ。

元々浅かった傷が酷くなり、ココの左足から夥しい量の血が流れ
出て来た。

それを見た息子は、血に怯えながらも何とかココを助けてやろうと、
犬小屋から離れた場所の水道へ向かい、大きなバケツに水を汲んで
ココの血を洗い流そうとしたんだそうだ。

重いバケツを運んではココの足に水をかけ、また水道へ戻り水を汲む…
何度も何度も、その工程を繰り返したと言うのだ。


しばらくして流血は治まった。

しかし、冷たい水は衰弱していたココの体を蝕んでいったのか、
ココはどんどん元気がなくなっていった。

その様子を見ているうちに、息子は大きな罪悪感に襲われたらしい。

(僕があの時足を踏まなかったら…僕が冷たい水なんかかけなかったら…。
 このままココが死んだら僕のせいだ…)

どうする事もできず、弱っていくココを後にしたのだと言う。


そして翌朝、ココは既に息を引き取っていた。


息子は三年間もの間、自分がココにした事を隠していたのだ。

「自分が足を踏ん付け、水をかけたせいでココは死んだ。」

「ココの怪我を治そうとしたのに、ココを殺してしまった。」

息子はその事をずっと私達に話す事ができず、辛い思いをして
いたのだ。


突然告げられた事実に私はどんな言葉をかけてやればいいか
分からなかった。

ココが死んだ原因が、本当にそこにあるのかも定かでないから、
どう取り繕うべきか迷ってしまった。

「○○のせいじゃないよ。」

「ココは元々体が弱っていたんだから。」

などと無責任な言葉しか見つからなかった。

それでも息子は

「僕が悪いんよ!!足なんか踏まんかったら血いっぱい出んかったのに!
 ひとごろし!ひとごろしや!」

息子はまた涙を流し、自分の頭を殴り始めた。


すると、息子の叫び声を聞きつけたのか、動物霊園の若い女性職員が
やって来た。

息子の前にしゃがみ込んで「どうしたのかな?」と優しく話しかけた。

嗚咽で声が出せない息子に代わって私と夫が説明した。


話を終えると、「そんな辛い事があったんですか…」と少し驚いたように
答える職員。

すると職員は、既に泣きやんでいた息子に向き直り、こう話しかけた。


「ずっと言えなくて辛かったね。○○君はココちゃんを助けてあげたくて、
吠えられても頑張って血を洗ってあげたんだね。

お姉さんが○○君と同じ5歳の時だったら、きっと怖くて何も出来なくて
逃げちゃってたかもしれないなぁ。

すごく偉いよ。勇気を出して自分なりに怪我を治そうとしてあげたんだもん。」


職員は更に続けた。

「でもね、そうやって『自分のせいだ』って言い続けて泣いてたら、ココちゃんは
生き返るかな?

この先ずっと自分を責めていたら、生き返ると思う?」


「生き返んない…」と答える息子。


「そうだよね。じゃあ、もしもココちゃんが何処かでまた生まれ変わって
いたらどうだろう?

例えば、外で別のワンコとお散歩ですれ違っていて、そのワンコがココちゃんの
生まれ変わりだったら、ココちゃんは泣いている○○君を見て嬉しいかな?」

「嬉しくないと思う…」と息子。

「きっとそうだよねぇ。
だから、何処かのワンコがココちゃんの生まれ変わりかも知れないって
思っていれば、○○君は色んな犬に優しくできる人になれると思うよ。

君のお父さんやお母さんも、そんな優しい子でいてくれたら、とても喜ぶんじゃ
ないかな?」

「うん…」

「じゃあもう自分を責めるのはやめて、今飼っているワンコや、色んな犬に
優しくしてあげようよ。

それでココちゃんが喜んでくれたら、こっちも凄く嬉しいよね?」

職員はニッコリ笑った。息子も少しニヤッと笑った。

私はその職員に何度もお礼を言った。

「過失の中に評価されるべき点があった事、これから先の生き方・考え方に
ついてお子さんと何度も話し合って下さい。

一度や二度ではクリアできない事ですが、とにかく根気よく 話を続けて
あげる事が大事なんです。

とても優しいお子さんですね。

あんな素敵なお子さんを育てられたお母さん、お父さんならきっと
乗り越えられます。

頑張って下さい。」

と笑顔で返された。


パニック状態の子供に対しても、柔軟に適切な助言ができる職員さんには
頭が下がる一方だった。

そして、我が子の知られざる行動、「ココを助けよう」という強い意志に
泣きそうになった。

そんな強い心を持った彼に守られている今の飼い犬は、とても幸せだと思った。

ただ、職員さんに言われたように、自分を貶し過ぎない明るく前向きな子供に
育ってくれたらと願っている。

もちろん願っているだけでは叶わないので、共に頑張って乗り越えて
いきたいと思います。
[PR]
by lootone | 2012-01-08 10:17 | ・子育て