LOOTONE

lootone.exblog.jp

教育ママ

(ネットからの抜粋です↓)


俺が小学生5年の時の話。


ウチは所謂スパルタで、中学受験に向けて小学1年から言われる侭に猛勉強。

母さんは明るくて優しいけど、その分勉強超厳しくて。

でもそのお陰で成績も結構優秀。

四○大塚の試験で賞やら何やら貰ったりで、 毎日通ってた早稲○アカデミーでも
何か少し一目置かれてたと言うか、少し特別扱いされてた。


ある日の朝、

『今日お母さん午後いないから。カギを忘れずに持って出てね』

と言われたんだ。

塾は毎日17時~21時。

学校から帰るとランドセルから塾の鞄に持ち変えてチャリで通ってたから。

はーい、とか返事して学校に行った。

で、放課後ちょいグラウンドで遊んで帰った俺。

カギ持って出なかった事に気付いて超狼狽える。

当時携帯なんか無かったし、文具は持ってるから手ぶらよりは…って、
仕方なくランドセルで塾行ったの。

ランドセル姿の俺に先生も友達も皆笑ってて、『バカで~w』って感じ。

俺も適当におどけて笑ってたんだ。

まだ何も気付いてなかった。

気付く筈も無かったんだけど。


で、塾も終わり、何時もする様に、塾備え付けの電話から帰宅の旨
伝えようとして受話器を取った。

『…プルルル…ガチャ』

「あ、母さん?塾終わったから帰る」

『…』

「…もしもし?」

『…トンッ………トンッ……』

「母さん?」

『ガチャン!!…ツーッ、ツーッ』


終始電話口は無言。

途中に聞こえた音は良く分かんないけど、硬い物がぶつかりあってる様な音だった。

俺は「?」と思いつつも皆と帰りたくて、電話かけ直さずに塾を出た。


家につくとまず異変。家の外灯が点いてない。

ウチは帰る時にチャイム鳴らす習慣があって、鳴らすと廊下の電気を母さんが
点けてくれるんだけど、今日はそれも点かない。

でも鈍感な俺は気にせず門を通過した。


ウチは玄関開けると廊下が真っ直ぐ伸びてて左手にキッチン。

玄関扉脇の磨りガラスから何となく中を見たら、キッチンの方から光が漏れてた。

『あぁ、何だ居るじゃん』

ちょっと安心して玄関を開ける。

「ただいまー」

返事はなかった。代わりに、

トンッ……トンッ……

と、硬い物がぶつかり合う音が響いてる。

「…母さん?」

もう一度呼び掛けながら中に進むといきなり、ブニュッ、と何か踏みつけた。

怪訝に思いながらも無視して暗い廊下を進んで、キッチンの前に立って中を見たんだ。

あの時の光景は一生忘れない。


そこに母さんが立ってた。

まな板に向かって右手に包丁持って。

左手はだらんと垂れてて、まな板の上には粉々になったキャベツ。

それに包丁が一定間隔で降り下ろされ、

トンッ……トンッ……

って音が響き続けてる。

床は廊下まで飛び散ったキャベツまみれ。


「……ただいま」

『…』

「……」

『…何してるの?』

「…ぇ?」

『…鞄』

「あ、…カギ忘れて…」

『何してるのって聞いてるの!!』

ダンッ!!!

凄まじい勢いで降り下ろされる包丁。

ガタンと音を立てて跳ねるまな板。

ついでに飛び散るキャベツ。

「…あ、の…」

『意味ないでしょッ!!意味ないでしょッ!!アンタは!!鞄も教材もなしに
何してるのッ意味ないのよ!!!』

あまりの衝撃に泣く事もできなくて言葉も出なくて、初めて見る母親のヒステリーに
胸が苦しくて怖くて、その後もヒステリックに叫び続ける母さんを眺めて立ち尽くしてた。

やがてヒステリーが収まって母さんが何も言わなくなってから、

「…ごめんなさい」

と呟いて、俺は玄関脇の自分の部屋に向かって暗い廊下を戻った。

戻る途中、(さっき踏んだコレはキャベツだったんだ…)とか妙に冷静に考えながら
部屋に入った。

そのまま宿題を始めて小一時間後、親父が帰ってきた。

「ただいま~」

なんて間の抜けた声が妙に温かくて、俺は体が震えた。


それから数分後、キッチンの惨状を見て、母さんを上手くまとめたであろう
親父が部屋にきた。

凄い柔らかな笑顔で間延びした声で俺の名を呼んで、大きな手でわしゃわしゃと
俺の頭を撫でる。

堪えられなくなって、色んな物が溢れそうだったけど、出るのは涙ばっかりだった。

俺的に凄く怖くて温かった事件。

親父には今も頭が上がらない。
[PR]
by lootone | 2012-03-02 10:21 | ・怖かった話