LOOTONE

lootone.exblog.jp

放射能も分解する植物と昆虫の凄まじい適応能力

(ネットからの抜粋)

最近の実験データでは、現実世界でも腐海の植物のように核物質を分解してしまう連中がいることが判明している。

わずか20年で1万年必要だったプルトニウムの半分がどこかに行った理由を調べた時、ロシアは驚愕した。

おぞましい量の放射性物質を食べて、別の物質に変換する細菌と、同じ効果を持つ細胞を持った植物が、ウクライナに根付いてたんだ。

彼らは、恐ろしい量の放射線を浴びながらも死にそうになりながら生きて放射性物質を分解し、別の物質に変換しつつ、大量の放射線を地中から吸収しては枯れていく。

その繰り返しが20年行われた結果「半減期1万年」だったはずのプルトニウムの約半分が、何時の間にか「半減期30年」といわれるセシウムや鉛に変換されていた。

たった20年で予想を上回る速さで土壌が改善されている背景には、適応力によって適応した植物の力があった。

だが、それだけじゃないんじゃないかと。

「あの地域に生きている昆虫は?」って話も出ている。

あんな悲惨な地域でありながら、植物が育って花をつけるということは、その手伝いを担う昆虫にも「対放射線能力」か、同じような力があるんじゃないか、と。

ま、そんな話を聞くと、「ナウシカ」を想像しちまうな。
[PR]
by lootone | 2013-10-21 15:27 | ・日本について