LOOTONE

lootone.exblog.jp

投げつけられた石は足元に積んでいけ。

(ネットからの抜粋)


「投げつけられた石は足元に積んでいけ。

そうしたら、

いつの間にか、石はあなたには届かなくなる。」


和歌山でまちづくりを始め、

新聞にも取り上げられ、

結構、ちやほやされ始めたころ。


「あのな、今はあなたの存在は何の邪魔にもならない。

だから、権力を持っている人たちは、

『ええ事やっている。』と褒めてくれる。...

でもね、

もう少し、力を持ち、存在感が出てくると非難が始まる。

石を投げつけてくるよ。


その時に、石を投げ返したらアカン。

非難の石は、自分の足元に積んで行くンや。

あほな奴は、すぐにその石を投げ返す。

非難の石は、『ありがとう』と言って、

足元に積んでいけ。


ドンドン高く積み上げて、

いつの間にか、

そいつらからの石は届かなくなる。」



あまり人の話は覚えていないけど、

この話だけは、しっかりと心に届いた。

そして、

投げられた石には、

きっちりと感謝をして、

足元に積み上げてきた。


あなたも、

石は投げ返さずに、

足元に積み上げてください。


たくさん石をくれる人に
感謝できるようになります。

さあ、

今日も楽しく生きましょう。


前田出 新・家元制度
[PR]
by lootone | 2014-07-14 08:38 | ・ある出来事と言葉