LOOTONE

lootone.exblog.jp

ある闇金業者の話

(注意:ネットからの抜粋です↓)

3年前の話。

当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>、その年の夏。

いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど、
子供が2人置いてかれてた。

5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子>

俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく、
家に行った時すぐに下の子になつかれた。
ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って
聞いても答えない。
「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。

破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。

嫌な予感がした。

だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。

「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら
「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。

すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。
近くの銭湯で体を洗ってやった。

その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。

・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。

俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。
ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。
[PR]
by lootone | 2007-12-02 02:46 | ・ある出来事と言葉