LOOTONE

lootone.exblog.jp

見える世界

(注意:ネットからの抜粋です↓)


「生まれ付き盲目の人に色と言う概念を教えても
盲目の人が悲しくなるだけ。」

「話違うけど、生まれつきの盲目の人に
目が見えるように手術してやって成功した場合、
その後「見える世界」に放り出された元盲人は、
かなり高い確率で、なんと「不幸」になるらしい。
恐ろしい話だ。」


「何で不幸になるの?」

「生まれつき全盲で、20歳くらいの時に手術を受けて
視力を手に入れたという人の話を聞いたことがある。
機能的には見えるようになったけれど「見る」という
行為そのものが脳がまったくわからないから
その後30年くらいたってもまともな視界は
手に入れられなかったらしい。

感覚のバランスが完全に狂ってしまって
つらくて堪らない人生だったと言っていたよ。

でも50くらいにしてはじめて「色のついた」夢を見たんだって。
その時生きてて良かったとはじめて思えたそうな。」

[PR]
by lootone | 2008-09-14 10:12 | ・ある出来事と言葉