LOOTONE

lootone.exblog.jp

カテゴリ:・日本について( 47 )

「頑張らなかった」他人がいるから「頑張った」自分の「価値」がある。

(ネットからの抜粋です↓)

“昔、ある上場企業の社長のブログに書いてあったんだけど

  その人が街歩いてたら
    
  汚いラーメン屋みつけたんだよ。

  それで、昔は良くそういう店に行ってたけど、最近全然行ってかなったから懐かしいと思って入ったんだって。

  そしたらそこで、サラリーマンがいて、ラーメン食べ終わってるのに漫画雑誌読んでて。

  それを見たその人はサラリーマンに対して「だからダメなんだよ」って思ったんだって。

  「俺がサラリーマンやってる頃はとにかく時間がなくて、ラーメンなんて速攻で食べてすぐに仕事に行ってたんだ」
  って。

 
  その気持ちも良く分かるんだけど、同時に、そのとき違和感も感じたんだよね。


「違和感?」


――うん。もし、そのサラリーマンの人が、ラーメン食べ終わった後、漫画も読まずすぐに仕事行ってたら、
 いや、極論、日本中の全員のサラリーマンがラーメン食べ終わった後すぐ仕事行ってたらどうなってたんだろう?

  その場合、その上場企業の社長は、今も、普通のサラリーマンやってたはずなんだよ。

  だって、その人に『価値』が生まれないわけだから


「なるほど」


――その上場企業の社長の「価値」は、その人が頑張っただけじゃなくて、他の人がその人くらい「頑張らなかったから」存在してとも言えるんだよ。

  そういうこと感じること多いんだよね。”



ウケる日記 水野敬也のブログ
[PR]
by lootone | 2013-02-28 09:46 | ・日本について

救助に向かう米兵に向かって語りかけるオバマ大統領の演説

(ネットからの抜粋です)


[救助に向かう米兵に向かって語りかけるオバマ大統領の演説]

おはよう、諸君。

後一時間足らずで、諸君ら140名は、極東に向かって旅立ち、史上最強の敵と交戦する。

時を同じくして、世界各地の米兵たちも、他の35隻の原子力空母で、同様の救助に向かう行う手はずだ。

諸君がまもなく赴く戦いは、人類史上最強の救出活動となるだろう。そう、人類史上最強の・・・・

人類・・・・・この言葉は、今日、我々全員にとって、新たな意味を持つ。

地球に対する今回の暴虐行為に少しでも意味があるのなら、それは我々人類が共有するものの大きさに気づかせてくれた、という点につきるだろう。

今回の侵略は、この惑星で共に生きるのがういうことかを、新たなる視点から見直させてくれた。

人間同士の無数の差異など瑣末事でしかないことを痛感させ、共通の利益というものの意味を実感させてくれた。

そしてさらに、歴史の方向を変え、人間であることがどういうことかをも定義し直してくれた。

今日このときより、世界の諸民族と諸国家がいかに深く相互に依存しあっているかを、我々は決して忘れることがないだろう。

諸君は日本を愛し、この日本を守り抜くために自らの才能と技術を差し出し、命すら投げ出す覚悟を固めている。

諸君と共に戦列に立てることを、私は心から誇りに思う。

3月11日は日本の祝日だけではなく、地球上のあらゆる国家が肩を組み、こう叫ぶ日となるだろう。

”我々は決して従容と死を受け入れたりしない!我々は生き続ける!生き続けてみせる!”と。

その日こそ、我々は真の独立記念日の祝うのだ!



アメリカ軍作戦名 「Operation Tomodachi」
[PR]
by lootone | 2012-11-12 15:17 | ・日本について

時間は巻き戻せない。卵子の老化。

(ネットからの抜粋)


NHKで放送された番組の内容

 ・女性の卵子は生まれた時から体内にあり、新たにつくられることはない。年齢とともに卵子も年をとり、数も減っていく。

 ・思春期以降に日々億単位で生成される男性の精子とは決定的に異なる。

 ・「女性の年齢」が「不妊症の割合」「不妊治療・体外受精の失敗確率」「子の染色体異常」に直結する。

 ・不妊治療・体外受精は「魔法の治療」ではない。卵子が老化していたらどうしようもない。時間は巻き戻せない。



多くの女性が、不妊治療に来て上記の事実を知り、愕然とする。
医師にとっては当然の事実なのに、知らない女性があまりに多い。

c0146783_1117489.jpg





名古屋大学大学院 産科教授様の冷徹なお言葉

 ・卵子は老化します。

 ・体外受精は魔法の治療ではありません。35歳以上で16%程度です。

 ・不妊の9割は卵子の老化が原因です。

 ・卵子凍結は確立した医療ではなく、何があるか分かりません。

 ・芸能人の高齢出産のニュースに惑わされないでください 。

 ・40を過ぎたら基本あきらめてください 。

 ・我々は哺乳類です。

 ・好きな言葉ではないのかもしれませんが”適齢期”は存在します。

 ・努力しても出来ないことがあることを、受け止めましょう。

http://majikichi.com/archives/7451275.html
[PR]
by lootone | 2012-09-17 11:19 | ・日本について

【テキサス親父】竹島は日本の領土・証拠と韓国の無礼・慰安婦碑



テキサス親父日本事務局
http://staff.texas-daddy.com/?eid=379
[PR]
by lootone | 2012-08-30 09:02 | ・日本について

スカブラという職業

(ネットからの抜粋です↓)


スカブラという職業を知っていますか?


昔、まだ九州で炭鉱が盛んだった頃の話です。

10人の炭鉱マンが3勤務交代制で、石炭を掘っていました。

勤務が終わると、炭鉱マンたちは、トロッコに乗って
炭鉱から出てくるのですが、そこにはなぜか11人の
炭鉱マンが乗っています。

そして、その中の1人だけ、汗はかいていないし、
服はあまり汚れていない。

そして、ニコニコと笑っているのです。

この男こそ、「スカブラ」なのです。


スカブラは、石炭を掘りません。

炭鉱の中で、エッチな話やおもしろい話をしたり、
みんなにお茶を出したりしているのです。

これが仕事なのです(笑)


このようにスカブラを採用して仕事をしていた九州の
炭鉱会社でしたが、日本のエネルギーが、石炭から
石油に代わっていくのに合わせて、会社も傾いていきます。


すると当然、リストラの話になるわけです。

役員たちは話をします。

当然、「何もしていない"スカブラ"からクビを切ろう」という
結論になります。

そして、スカブラをリストラし、10人の炭鉱マンのみが、
炭鉱の中に入って行くようになりました。

その結果どうなったか?


作業効率が大きく下がりました。

スカブラがいなくなってから、今まで同じ時間でやれていた
仕事が、全然できなくなってしまったのです。

そして、炭鉱マンたちの人間関係もギスギスして
いったそうです。



東日本大震災で「ユーモア」が許されない
この緊張状態は危険 ‐ 岩崎聖侍
http://agora-web.jp/archives/1279887.html
[PR]
by lootone | 2012-07-13 09:57 | ・日本について

靖国神社の焼き払い計画

(ネットからの抜粋です↓)


終戦後も靖国神社が存続したことについて、以下のような逸話が語られている。

戦後に日本を占領したGHQは、靖国神社を焼き払いドッグレース場を建設する
計画を立てていたが、賛否両論が巻き起こり収拾が付かなくなっていた。

そこでローマ教皇庁代表であり上智大学学長でもあったブルーノ・ビッテル
(Bruno Bitter、英語読みでビッターとなっている場合あり)神父に意見を
求めることになった。

ビッテル神父は

「いかなる国家も、その国家のために死んだ戦士に対して、敬意を払う権利と
義務があると言える。

それは、戦勝国か、敗戦国かを問わず、平等の真理でなければならない」

とし、

「靖国神社を焼却する事は、連合国軍の占領政策と相容れない犯罪行為である」

とまで言ったという。

そして次の言葉で締め括った。

「靖国神社が国家神道の中枢で、誤った国家主義の根源であるというなら、
排すべきは国家神道という制度であり、靖国神社ではない。

我々は、信仰の自由が完全に認められ、神道・仏教・キリスト教・ユダヤ教など、
いかなる宗教を信仰するものであろうと、国家のために死んだものは、すべて
靖国神社にその霊をまつられるようにすることを、進言するものである」

この進言により靖国神社は焼き払いを免れたという。




出典:木村正義「靖國神社とブルーノ・ビッター神父」、
    社報『靖國』昭和56年7月号所収

出典:『教会秘話』志村辰弥 聖母文庫

http://ja.wikipedia.org/wiki/靖国神社
[PR]
by lootone | 2012-06-15 10:59 | ・日本について

なぜ年収800万の専業主婦の家計は破綻しやすいか

LOOTONE ARTWORKS


(ネットからの抜粋です↓)

彼女たちは近所のママ友。

すでに2LDK~3LDKのマンションを買い、車を持ち、
幼稚園以下の子供が1~2人。

そろって夫の年収は約800万円という。

あくせくとは無縁の立ち居振る舞い。

皆、小さな子供がいるのに身なりに
手を抜いていないのが驚きだ。

メークもしっかりして、ちゃんと美容院に通っていると
思しきヘアスタイル。

かつてブームを呼んだ“エビちゃんOL”が、しっかりと
高収入男をつかまえた、という雰囲気なのだ。

月々の生活費は20万~30万円という余裕ある暮らしぶりで、
皆「今、とても幸せ」と言う。

が、何と全員が「毎月、赤字です。はみ出してます」。

そこはボーナスで補填するが、貯蓄もゼロに近い。

「子育て中のモデルさんのブログとかを見て、かわいい子供用の
グッズがあると、ついクリックして買っちゃいます」

「洋服はOL時代に比べて買わないけれど、大学時代からずっと
通っている表参道の美容院まで、毎月髪を切りにいっています」

日々何となく、何となくお金が出ていってしまうのだと誰もが言う。

高級品は買わないからお金を使っている実感はないのだろうが、
家計簿をつけていないため、「見える化」がされていないのだ。

家計管理も夫任せか、もしくは誰もしていない。

いわば、経理担当のいない会社である。

FPの花輪陽子さんは、

「このレベルの年収の専業主婦家計が、一番破綻予備軍に
なりやすいんです」

と言う。

プチ高収入なので、家計簿をつけぬまま、“少しだけいいモノ”の
浪費が知らぬ間に積み上がっていくのだ。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120528-00000001-president-bus_all
[PR]
by lootone | 2012-05-30 08:42 | ・日本について

超越している昭和天皇

(ネットからの抜粋です↓)



出典は「天皇陛下と語る」細川隆元著。昭和天皇のお話です。

著者との対談で、昭和天皇に仕えた入江侍従長が語った話が
もろに「昭和天皇びいきの外国人」でとても面白かったので
ここに置いておきますね。

ちなみに昭和天皇の人となりは「超越している」というのが
入江侍従と著者との共通認識になっていました。

以下それを如実にあらわすエピソード。


「前の式部長官の人に聞くと、クーデターでその地位についた
というような人がくるでしょう。

もうすごいんですって。

威張って。

ところが、陛下に三十分ほどお目にかかって、帰るときには、
もうすごく穏やかな雰囲気になっている。」


「ローマ法王が去年こられましたでしょう。

で、陛下と三、四十分お話しして帰られた。

車が走り出したら直ぐ接伴員に

『きょう、陛下にお目にかかってはじめて日本人の心の美しさがわかった』

といったというんです。

ミッテラン大統領なんかでも、初めは硬直しているんですね。

それが終わり頃には、陛下をいたわるようにして大変でしたね。

非常に美しかったです」


「私も陛下のお供してバッキンガムへ泊まったんですよ。

イギリスは気位が高いですから、いかなる元首といえども二晩だけだ、
第三夜はホテルへいってくれ、という規則なんです。

だから、こちらも控えめに出て、『二晩泊めていただきましょう』と、
三晩目は何処のホテルが良いか、とやっていたら、クィーンが
『いや、日本の天皇陛下はどうか三晩ともお泊まりください』
と。だから三晩になったんですよ。

だから、ぼくも泊まっちゃったわけ・」




この本に書かれていたわけではないですが、百戦錬磨の外交官も
陛下に謁見となるとガチガチに緊張していた・・・
ということも少なくなかったそうです。

アメリカのフォード大統領は陛下にお会いしたとき足の震えが
止まらなかったとか。

陛下の隣でフォード大統領が左手と左足一緒に出して
歩いちゃってる写真が残ってますね。


この本を書いた細川さんは「時事放談」を作った政治評論家で毒舌家。

衆議員もこなしながら内閣の憲法調査会で仕事をしてきた人。

また、無位無冠な身で陛下に長時間謁見した初めての人で、
当時議論されていた

「国家元首なのか象徴天皇なのか」

「天皇の地位はどうすべきか」

を昭和天皇がどう感じているか尋ねようと思っていたらしいんだけど、
会談しているうちに、

「地位がどう変わろうと”天皇陛下としての本質”は何も変わっていない。

超越してる。

そこに陛下の存在価値があり、値打ちがあり、象徴天皇の真義は
その一点にあるのではないか」

と確信し、用意していた質問は一切取り上げなかったそうな。


最後はこの本に書かれていた、日本の象徴びいきの日本人の話。

「これは私が陛下の側近の一人から聞いた話だが、終戦直後、
天皇が全国をご巡幸になったときのことである。

三井の三池染料工場をお訪ねになったことがあった。

そこの労働組合長というのは左翼の筋金入りの人物であったそうだが、
陛下がその組合長に呼びかけられて、

『これは日本のために大事な産業ですから、あなたは組合長として
組合員を鞭撻して、少しでも多く生産が上がるようにしてください』

とおっしゃったということである。

するとみんなが各工場から出てきて、門まで百メートルほどの所を、
「ワッショ、ワッショ」と大きな声を上げて陛下をお送りしたそうだ。

その間、組合長は空っぽの工場にはいって、ふたつにおれて泣いていた
というはなしがある。

陛下の柔らかいお言葉が、ひしひしと身に感じたと見えて、
組合長はみんなに向かって、

「おれは引き受けた。

これからおれは一生懸命やるぞ」

と声高く叫んだという。


この工場では、その後生産が急カーブで上昇し、玄人筋がどうそろばんを
弾いても出てこないはずの生産が出来てしまったという。」
[PR]
by lootone | 2012-05-17 11:38 | ・日本について

仕事でニートの実態調査したんだ。

(ネットからの抜粋です↓)

修羅場とは違うけど仕事でニートの実態調査したんだ。

勿論救済なんかの目的じゃなく、ニートを対象とした商売を
成功させる為の調査なんだけどね。

詳しくは書けないけど課金制コンテンツの関係。

心療内科の先生と学校の先生に協力を願って色々と調べてみた。

そしたら驚くべき事実でさ・・・。



俺の持つニート像ってのはいくつか書くと、

*他人とコミュニケーション取るのが苦手で内向的

*毎日同じ事の繰り返しが苦手で仕事に向かない

*我慢や辛抱が苦手

*自分の意見が通らないとすねてしまう

*金や出世に対する執着が無い

*楽な事しかしたくない

*無意味と思える行動を極端に嫌う

*運動が苦手

*勉強も苦手

と、まあこんな感じのイメージ。




で、実態調査を始めたら全く違う側面が見えてきてね。

まず大きく二極できる。

仕事というより働くのが嫌でしょうがない人。

これはまんまだけど結構な数存在する。

まあ裏の世界の住人になってるケースが多いね、このタイプは。


問題はそれ以外の普通の人達・・。

まず責任感が非常に強過ぎて疲れてしまう人。

知りません、分かりませんという言葉を極端に嫌い、
向上心が高い反面プレッシャーに弱く自分で自分の
首を絞めて、プレッシャーから夜寝れないから朝起きれない
そういう負のループに陥ってしまい疲れ果てて辞めてしまう人。

他人の言葉を聞き入れてしまい過ぎて、バランス感覚を
持てなくなってしまう人。

何かを切り捨てて前に進む事に非常な罪悪感を持ってしまう人。

流行を切り捨てて自分らしくあろうとする人。

同時に2つの行動をするのが苦手な人。

バカ正直過ぎて商売に向かない人。

などなど・・。



つまり根は真面目で優し過ぎるから過酷な現実で
生きていくのが難しい人が多いんだ。

まあこういう人が多いから家庭内でニート対親や親戚といった
修羅場が繰り返される訳だけど、そこを理解してやらずに
仕事しろ!働け!怠けるな!と言われるから家庭内でも
世間でも居場所が無くなる訳だな。

それも何の解決にも導かない負の連鎖みたいなもんだ。

例えばオンラインゲームなんかではニートとおぼしき人が
異常な高スコアを叩き出す事が多いんだけど、それだけ
同じ行動を繰り返すのを嫌がってない訳だし、勉強みたいに
繰り返しやる事が大事な行為自体をそんなに苦にしてないんだな。

で、自分に折り合いを付けて勉強なり仕事を始めた人が
たくさん社会復帰している。

もともと努力する事を放棄してた訳じゃないんで自分が
居場所を作る努力さえすれば問題なかった訳だな。

でもそういう折り合いを付けられない人もたくさんいる訳で、
折り合いを付けても働く場所が無い、といった新たな問題もある。

ニートを救済しようとする企業もあるにはあるんだが、
それだったら真面目に働いてきて、仕事を失った人に
職をまず与えてやれといった批判もある。

難しいもんだな。


真面目すぎる、空気読め過ぎる、優し過ぎる。

こういう人は過ぎたるは及ばざるが如しみたいなもんで
毒にしかなってないんだな。

普通の人間に出来る、真面目にやるけど息を抜いたり
適当に誤魔化したりといった心のバランスが取れないんだそうだ。

これ読んだ人でニート絡みの修羅場を経験してる人は、
そこを理解して解決方法を模索すれば何か答えが
得られるかも知れんね。
[PR]
by lootone | 2012-04-03 22:27 | ・日本について

日本人に生まれたらよかったのに

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



日本人で日本の悪口を言っている人間に出会うと、
私はいつも

「そんな事を言っているのだったら、日本人をやめれば」

と言うことにしている。


本当に日本人である事に嫌悪感を持っているのならば、
方法はなくもない。

もし、アメリカ人になりたいのならば、
アメリカという国に選ばれる人間になればいいのである。

例えば、カナダへ移住したいとするならば、
必要なのは経済力である。

5000万持っていれば、大歓迎だそうだ。



ところが、日本人の悪口を言っている人間に、
私がそういう提案をしても、それを実行に移した人は
皆無である。

だから私は、それをインチキと言いたい。

努力もしないで愚痴を言っているにすぎない。



「日本人に生まれて幸せですか」

の問いかけを続けているうちに、50数年前の出来事を
思い出した。

1945年夏、日本の敗戦と同時に、台湾人は日本人を
やめさせられ、中国人と言われるようになった。

公用語も日本語から中国語になり、一夜にしてレッテルも、
言葉も変更を強いられたのである。

しかし、人間の中味はそう簡単に変えられるわけがない。

その時から、台湾人の苦しみが始まった。



1946年春、私が進学した台北第一中学では、
授業以外は皆日本語を話していた。

日本語以外の言語ではほとんど意思伝達が不可能だった。

元一中の学生が、強制的な中国語教育、中国人としての
アイデンティティーを押し付けられる事に耐えかねて、
日本への密入国を企てた。

なんとか憧れの日本に行きたいという。

その無謀な計画はあえなく失敗に終わった。



当時、台湾の若者たちはもし自由に選択出来たら、
大多数が日本人になる事を選んだであろう。



この小さな物語は、昔話のおとぎ話ではない。

今でも「日本人に生まれたらよかったのに」と思っている
台湾人は少なくない。



金美齢士著 「日本人に生まれて幸せですか」より
http://ameblo.jp/create21/entry-10338379823.html
[PR]
by lootone | 2012-02-10 11:22 | ・日本について