LOOTONE

lootone.exblog.jp

カテゴリ:・神様はいない( 3 )

神様はいない(自論2)

今まで色々な事を多岐にわたり考え、つなぎ合わせていった時、
ある考えに行き着きました。

それを書きます。

c0146783_22543868.jpg

--------------------------------------------
宇宙レベルから見ると、人間は微生物以外の何者でもなく、神から
選ばれた生物とはとても思えません。
[画像・宇宙に散らばる星の大きさ。(太陽を1とした場合) ]

僕達人間が[微生物]だとすると微生物から見た[人間]はとても偉大な
[神のような存在]にみえるでしょう。

しかし、人間は全く偉大ではなく、どこまでいっても動物であり、
微生物より巨大な身体と巨大な脳味噌を フルに活用して、
殺し合いと破滅への欲求にひた走り続けています。

それに人間は[微生物]の事を、同じ命を持つ対等な生き物として
見ていません。

たぶんどんなに進化しても、微生物レベルと同様の動物的本能が遺伝子に
残っているはずです。
この動物的本能は宇宙の法則に従って、成り立っています。

つまり宇宙のどの場所にいっても、条件さえ揃えば、地球と同じ動物的本能を
持った生物と生態系が成り立っていると考えられます。

そしてその生物も増殖と破滅を繰り返し、他の種族を自分達の勝手な都合で
絶滅に追いこんでいるでしょう。
どんなに進化して神のような存在に近づいても・・。

やはり宇宙では、人間は「神から選ばれたモノ」では全く無く、「微生物」の
何者でもなく、他の者が自分達「微生物」と対等な目線で自分達「微生物」の
事を考えてくれるとは到底思えません。

***************************************
だから、おそらく神様はいない・・・。
***************************************


でも僕達は普段の生活の中で、不思議な事を、そして大きな力(神?)を
感じる時があります。

自分にとって重要な人と偶然出会ったり、自分が進もうとしている道(人生)に
無意識のうちに進んでいたり、困った時にタイミング良く助けられたり・・。

***************************************
僕達の生活の中で、何が僕達を助け、大きな力で包んでくれているのか。

やはりそれは「人が人を思いやる心」ではないでしょうか。

ノミの事(子孫繁栄)を等身大で真剣に考えてくれるのは、やはりノミであり、
人間の事(子孫繁栄)を等身大で真剣に考えてくれるのは、象や河馬や
蚊でもなく、やはり人間です。
***************************************

人の思いが、人自身を助け合いそして成長させている。
人はどこまでいっても人であり、死んでも人なのではと思います。
死んだ人達(霊)の思いも、子孫に受け継がれ、そして注がれていると
思います。

だから僕達は人としてもっと魅力的(?)にならなければならないし、
頑張っている人達や困っている人達にいろいろな形で手助けや励ましを
しなければならないと思います。

その思いが、いろんな形で自分に帰ってきて、自分自身の人生を
より良いモノにするのではないでしょうか。

僕達の描く絵が、その絵を見た人の人生に良い影響を与えるなら、
僕達が絵を描いている行為は「人が人を思いやる心(行動)」に
つながるのではないでしょうか。

「誰も自分を愛してくれていないと感じるのは、
あなたが誰も愛さないからである。」

松下電器創設者の松下幸之助氏の言葉です。


僕達にはこれからいろいろなつらい出来事や悲しい出来事が
待っているでしょう。

でも大丈夫!。

自己完結の欲求や満足ではなく、「人を思いやる心」で絵を描き続けて
いれば、自然に乗り越えることが出来ていると思います。

今昔の大部分の哲学者達は人間中心の考えから、哲学を導き出して
いると思われます。
しかし、「僕達は宇宙の中では、微生物程度のちっぽけなモノ」という事を
前提に考えた上で導かれた「人が人を思いやる心」の哲学は宇宙と
つながった本当の哲学のように感じます。

「人が人を思いやる心」を実感し、それを私生活に活かし、絵に活かし、
自分にとって身近な人達から幸せにするよう日々努力する事が
もっとも大切な事ではないでしょうか。
[PR]
by lootone | 2009-08-03 14:39 | ・神様はいない

神などいない(自論2)補足

「人間は選ばれた種族」という人間中心の考え方を
やめないかぎり、殺し合いは続くでしょう。

しかし、そのエゴな考えも宇宙の構造の一つです。

「私達は矛盾の中に生きている」

彫師の知人からのメールを添付します。↓

***************************************************
c0146783_1254412.jpg

全くこの世の中はフラクタル構造(縮図)であると思います。
微生物の間にも大量虐殺が存在します。

すなわち、人間世界にも、宇宙にも、それは存在すると
いうことです。

世の中に子供から老人まで進化?の形が存在するように、
宇宙にも人間目線でいう子供から老人が存在しているで
しょう。

この目線こそが宇宙意識というものではないでしょうか?

虫や惑星には自我意識がないと思っているのも、
全ては人間目線で物事をあつかうからなのです。

絵を描く仕事につけたおかげで存在意義を考えることが
できています。
社会とも、ある程度距離を置いているので、世の中を
客観視できます。


はたして、「正しい」とは何なのでしょうか?
過去も未来も人間の意識の 中にしかありません。
(過去にこだわる人)、(未来を心配する人)
あるのはただの現在です。
まだ目を開けることができない人にどうして
伝えていいかわかりません。

やはり物事は人間目線を一度離れることによって真相が
見えるような気がします。
(感じる)ということを言葉にするのは難しいですが、
感じることの 中に答えがあるでしょう。

そして僕等絵を描く人の求めるべきものはそれであると
思います。

今後も意識の拡大につとめます。

全ては人の内側に有。
***************************************************

フラクタルとは・・↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/フラクタル
[PR]
by lootone | 2009-08-03 11:56 | ・神様はいない

男はアイテムを増やし、女はアイテムを捨てる。(自論1)

「男は年を取るごとにアイテムを一つずつ手に入れる。
しかし女はたくさんのアイテムを持って生まれてきて、
年を取るごとにアイテムを一つずつ捨てていく。」

ある漫画の台詞にあった言葉です。

結婚は、女性にとっては、捨てたアイテムを拾ってくれる
パートナー(夫)がいて、男性にとっては、パートナー(嫁)
が捨てたアイテムを自分のアイテムに加え、さらに成長でき、
パートナーである女性や次の世代の子供達にアイテムを
分け与えていくのではないかと思います。

だから幸せでしかも成功している女性に結婚している人が
多いのではないでしょうか。

アイテムが何かはわかりません。

「男は年を取るごとにアイテムを一つずつ手に入れる。
しかし女はたくさんのアイテムを持って生まれてきて、
年を取るごとにアイテムを一つずつ捨てていく。」

悲しい事ですが、物欲と選択肢が増えすぎたこの世の中で、
男も女もこの言葉を心で感じている人は少ないでしょう。

男はアイテムを増やすことをしなくなり
中身は子供のままでいて、
女はアイテムが減っていることに気付かないまま
年をとっていく。

最近思うのですが、モノが溢れ、選択肢が増え、
いろいろな情報が溢れ過ぎている、この世の中は
表面的に見ると女性にとって開かれた世界に見えますが、
アイテムが減っていることに気付かないくらい
めまぐるしい為、実は女性にとっては生きる事が昔より
難しい世界なのでは、と思います。
[PR]
by lootone | 2007-11-26 00:16 | ・神様はいない