LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2010年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ニューヨーク州立大学病院の壁に落書きされて、そのまま残されていた詩

大きなことを成しとげるために

力を与えてほしいと神に求めたのに

謙遜を学ぶようにと

弱さを授かった



 
より偉大なことができるようにと

健康を求めたのに

よりよきことができるようにと

病弱を与えられた




幸せになろうとして 
 
富みを求めたのに

賢明であるようにと

貧困を授かった



 
世の中の人々の賞賛を得ようとして

成功を求めたのに

得意にならないようにと

失敗を授かった




人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに

あらゆることを喜べるようにと

いのちを授かった




求めたものは一つとして与えられなかったが

願いはすべて聞き届けられた




神の意に添わぬ者であるにもかかわらず

心の中で言い表せないものは

すべて叶えられた




私はあらゆる人の中で

もっとも豊かに祝福されていたのだ




c0146783_1795554.jpg

[PR]
by lootone | 2010-04-30 16:43 | ・ある出来事と言葉

LFO "Freak"

ダンスミュージックとアジアの女学生の組み合わせがかっこいいっす。

[PR]
by lootone | 2010-04-08 15:46 | ・おすすめ動画

天国と地獄~ほんのちょっとした違い~

ある男が神様に会った。

日頃から気になっていたことを男は尋ねた。

「神様、本当に天国はあるのですか? 地獄なんて存在するのですか?」

神様は微笑んだ。

「こちらについて来るがよい。地獄を見せよう。」

最初に入った部屋が『地獄』だった。
人間たちが料理の入った大きな鍋を囲んで座っていた。
それはそれはおいしそうな料理だった。
でも、全員がひどくおなかをすかせていた。
なにやら生きる希望もすっかり失っているように見える。

みな、スプーンを鍋に入れては料理を口に運ぼうとするのだが
スプーンの柄が長すぎて、料理は口に届かない。

空腹で、目の前にはおいしそうな料理。

しかし空腹を満たすことはできない。
その苦しみたるやまさに筆舌に尽くしたがたいもの。

ひとびとの苦しみようはひどいものだった。
男は暗然たる気持ちで部屋を出た。

「さて、今度は天国をみるがよい。」

次の部屋が『天国』だった。

だが、部屋の様子は『地獄』となにも変わらない。

人間たちが料理の入った大きな鍋を囲んで座っていた。  
柄の長いスプーンもあった。
違うのはそこにいる人間たちが満ち足りていること。
お腹も充分に満たされ人々の顔は幸せに輝き・・・。

男は神様に尋(き)いた。

「おなじ鍋・・・同じスプーン・・・なのに、
なぜここにいる人たちはこんなに幸せで
さっきの人たちはあんなに惨めなのでしょう?
与えられた環境や条件はまったくおなじだというのに・・・。」

神様は微笑んだ。 

「とても簡単なことだ。

 ここにいる者たちは互いに食べさせあうことを学んだのだ。
 それだけの違いなのだ。」

[PR]
by lootone | 2010-04-02 23:00 | ・ある出来事と言葉