LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あなたに、人間として点数をつけると、何点ですか?

(注意:ネットからの抜粋です↓)


あなたに、人間として点数をつけると、何点ですか?
100点満点でつけてください。だいたいで構いません。

さらに、あなたの旦那・奥様・恋人は、何点ですか?
同じく100点満点でつけてください。

具体的にいない場合、「直前の恋人」でも、「いつかつきあう恋人像」でも構いません。

その答えで、あなたの「いま」が分かりました。



-----------
[途中省略]
-----------




カナダの心理学者であるマーレー(1996)らは、82組のカップル(夫婦も含む)にたいして、

「あなたは自分自身に点数をつけるなら、何点くらいだと思いますか?」と聞きました。

そして同時に、「パートナーについても点数をつけてください」と言いました。

まさに、最初の問題と一緒です。

その結果。


「自分よりも、パートナーに高い点数をつける人」は、「今の自分に幸せを感じやすい」ことが
多かったのです。

逆に言えば、「オレは人間的に90点くらいかな…。でも、彼女は70点くらいなんだよな…」と
考えている人は、「幸せを感じにくい」というわけです。

「自分は90点」とつけているのにも関わらず、です。


これ、なかなかに趣深い事実だと思うのですが、いかがでしょうか。

ほら、あなたと相手の点数を比較してみてください。


ここで「相手の方が下」なら、あなたは不幸を感じやすい人。

逆に「相手の方が上」なら、とても幸せな人だということです。

同じなら、両者どちらにも転ぶ、バランス型かもしれません。



あなたの点数そのものは、関係ありません。

あなたが40点でも、「恋人は70点」なら、幸せなはず。

逆にあなたが100点という自信を持っていても、「恋人は80点なんだよな…」なら、
毎日感じるのは「不幸」なのです。

重ねて言いましょう。

「パートナーは自分より下だと思う人間は、不幸」なのです。

今この瞬間、目の前の人間は自分より下である。

そしていつか、この相手より、もっとふさわしい人間が出てくるに違いない…。

あなたがこんな風に考えているなら、ちょっとストップ。

その考えをしている限り、あなたはずっと不幸なままです。

いえ、パートナーに何らかの不満を抱くのは当然。

それ自体がダメというわけではありません。

ただそれでも、「でも、こんないいところもあるんだ…」と考えられることが、何より大切。

単なる「完全否定」は、何も生まず、ただ自分自身を不幸にするだけなのです。

友達だって、同じこと。

これは恋人や配偶者でなくても、同じことが言えるかもしれません。

「オレの友達にこんなヤツがいるけど、こいつはダメなヤツで…」

「仕事仲間は、みんなバカばっかりでさ…」

「私の周りのコ、どうしようもない人が多くてね…」

「うちの親って本当にイヤな人間で…」

こんな風に、「周りの人間は自分より下」だと表現する人は、だいたいにおいて、
「不幸」を感じていることが多いものです。

とにかく比較し、周囲を下に見ることでしか、自分の自尊心を満たせないからです。



-----------
[途中省略]
-----------




かのドストエフスキーは、こんな言葉を残しました。

「人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。」

目の前にいる人を、下に見るのは、やめてください。

あなたはただ、相手の良さを、忘れているだけ。

最初にその人を目にしたときの喜びや、一緒にいられたときの幸せを
思い出してみてください。

今のあなたは、自分が思っているより、本当はずっと幸せなんですよ。





http://minkara.carview.co.jp/userid/809314/blog/19811265/
[PR]
by lootone | 2011-03-26 01:08 | ・ある出来事と言葉

学ぶことは、自分の道を広げる準備

(注意:ネットからの抜粋です↓)

自転車が走るのに、本当に必要な道路の幅は、ほんの数センチ。

だけどそんな道路は危険だし、不安で走れない。

よそ見もできないし寄り道もできない。



勉強ってのは道路を広げることと一緒なんだ。




こんなもん将来役に立たないと思うかもしれないけど、

確実に君たちの道を広げていってくれてるんだよ。
[PR]
by lootone | 2011-03-07 15:38 | ・ある出来事と言葉

犬のヌイグルミ

(注意:ネットからの抜粋です↓)


昔、妹が大事にしていた犬のヌイグルミに
「早く起きて!今すぐ起きて!」
と言われる内容の夢を見た事がある。

それで、夢から覚めてみたら目の前に酒臭い息で
当時別居中だった父の名前をブツブツ呟きながら
俺の首を絞めてる半裸姿の母親と、
その腕に縋り付いて泣いてる妹が居た。

慌てて母親を振り払って泣いてる妹を連れて外に逃げ
近くの公園で妹を慰めながら朝になるまで時間を潰した。

朝方、家に戻ったら、
あの後また飲み直したらしい母親がビール缶に埋れて眠ってた。

起こさないように静かに自室に戻ろうとしたら
部屋の近くに鋏でバラバラにされた犬のヌイグルミが転がっていた。
[PR]
by lootone | 2011-03-07 15:26 | ・怖かった話

オンナとオンナの衝突

(注意:ネットからの抜粋です↓)


アフリカの黒人やアラブ人はバイセクシュアルの傾向が強いので、いちいち相手がホモであるか、
ノンケであるか気にしないで付き合っていたのですが、日本に帰国してからは、フツーのホモのように
ゲイバーに通ってホモの男の子と付き合うようになりました。

ところが、これがうまく行かないんですね。

30過ぎたことだし、長く付き合える特定の相手を見つけたいと思って真剣に恋人を探したのですが、
何人かのホモの子と付き合ってみたものの、どの子とも長続きせず、すぐにケンカ別れしてしまうのです。

あるとき、たまたま、2丁目の売り専バーに足を踏み入れて、そこで出会ったノンケのボーイに
一目惚れして、毎週のようにその店に通いつめて彼を指名するようになったのですが、ノンケの
彼と付き合ってみてはじめて、なぜホモの子と付き合ってうまくいかないかがわかりました。

私が求めているのは男の子なのに、それまで付き合っていたホモの子は全員、女の子だったのです!

そのちょっと前、以前から目をつけていたホモの子に高級フランス料理をおごったことがあるのですが、
そのホモの子、食事が終わってなんていったと思います?

ご馳走になった礼をいうどころか、「どうせボクの身体が目当てでしょ」っていったんです!

そりゃ、あわよくばという下心はありましたよ。

しかし、人にご馳走になっておいて、その言い草はないでしょう。



そもそも、「どうせ身体が目当てでしょ」なんて女の子のいうセリフで、男の子のいうセリフじゃないだろう、
と腹を立てたのですが、彼を男の子だと誤解していた私が間違っていたのです。

彼は女の子で、普通に女の子として振舞っていただけなのです。

実際、ホモがオンナであると考えると、それまでホモにたいして抱いていた数々の疑問が
あっという間に氷解しました。


Q:なぜホモは芸能界の噂話が好きなのか?

A:オンナだから。

Q:なぜホモはちょっと気にくわないことをいわれると、「失礼ね!」と腹を立て、むくれるのか?

A:オンナだから。

Q:なぜホモはケチなのか?

A:オンナだから。

Q:なぜホモは女っぽいのか?

A:オンナだから。

Q:なぜホモは男が好きなのか?

A:オンナだから。

等々

なにより、自分の心の中を覗いてみると、そこに棲みついているのはまぎれもなくオンナ! 
男ではありません。

私がホモの子と付き合ってうまく行かなかったのは、私の中に棲みついているオンナと
彼らの中に棲みついているオンナが衝突したからです。


http://jack4afric.exblog.jp/8235555

[PR]
by lootone | 2011-03-05 13:08 | ・ある出来事と言葉

僕が生きている以上、つながりが消えることはないんだ。

(注意:ネットからの抜粋です↓)


御歳84になるおじいちゃんが言いました。

「僕はね、昔、まあ今もだけど。運動も勉学もロクにできなかった」

「友達もいないし。顔も悪い。いつもひとりぼっち」

「だから、死のうと思ったことがある」

「でも、死んでしまったら僕の葬式代がかかるだろう」

「役立たずの僕のためにそんな無駄なお金を使ってほしくなかったんだ」

「そこで僕は考えた。これ以上迷惑をかけないように今は死なないでおこう」

「生きて生きて、僕が死んで迷惑になる人たち皆死んでから、死のう。と」

「どこかの海か崖にでも身を投げて・・・ね」

「でもね、気付いたんだ。僕には両親がいる。兄弟がいる」

「兄弟はやがて結婚して子供を持った」

「僕も運良く結婚できて子供をもてた」

「僕が生きている以上、つながりが消えることはないんだ・・・ってね」

「そして、僕は僕の大事な妻のため、子供の為に今まで生きてきた」

「その、僕の大事な子供の子供が、君です」



ありがとう、君がいるから僕は生きています



病院で自傷による出血多量の手当てのため入院していた、僕に向かって。

それからしばらくして、おじいちゃんは死にました。

葬式の会場で「すまないねえ」というおじいちゃんの声を、身内の者のほとんどが聞いたそうです。

僕も、聞きました。

もうすぐ月命日です。思い出したのでなんとなく。
[PR]
by lootone | 2011-03-02 11:54 | ・ある出来事と言葉