LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

女同士は、女の価値が若さだけではないことをよく知っている。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


女子文化にはあまりディープに関われずに馬齢を重ねてきてしまったが、一応ひとりのメスとして。

女子文化はしゃらくさいものである。

そんなこと作る方も受け取る方も十分わかっているのだ。

言葉を返せばしゃらくさくないものは女子の文化たりえない。

重厚だの深遠だのというケツの重いものは男や年寄りに遊ばせておけばよい。

きゃつらは自分の時間が無限にあると思っているのだから。


女には賞味期限がついている。

それはもちろん女性差別なのだが、どんなに怒ったって世間=社会=男は若い女にしか
価値を見出さないんだからしょうがない。

女同士は、女の価値が若さだけではないことをよく知っている。

明日のあの子は今日のあの子より輝く可能性がある事を理解している。

しかし「加齢によって増してくる魅力」というのは、女には効果があってもほとんどの男には効果がない。

私のように子供の頃から勝負をベタオリしている早熟かつクレバーなブサイクはそのへんの苦労を
引き受けないが、リングに上がり、女の馬鹿な面未熟な面しか見ない見たくないという男と一戦交えるべく
拳を構えている女は全員、爆弾が出てくるセガール映画の如きシブいカウントダウンの毎日を過ごして
いるのだ。

明日は今日より確実に価値が下がっている。

それが男から見る女の株価だ。

夢も希望も見えやしない。

だから勝負に出ている戦士=スイーツ(笑)は、戦いの傷を癒すため刹那の美=しゃらくさいものを
いつくしむのである。

軽くてあまくてふわふわさくさくしていて、己と同じくはかない美を掌に乗せ鑑賞したり食ったりするのだ。

一方男連中は賞味期限という概念そのものが人生に覆いかぶさっていないので、10年かけて
マッチ棒で姫路城を作ったりしている。


http://blog.livedoor.jp/tori7810/archives/1308182.html
[PR]
by lootone | 2011-07-24 10:58 | ・ある出来事と言葉

どうして日本は癌大国になってしまったのか?


日本が癌大国になってしまった理由は、食生活や公衆衛生、医療環境の改善により、
他の病気で死ななくなったからだ。

癌の死亡率を下げるだけならば簡単である。

環境を戦前に戻せば、多くの人が癌に罹る前に結核や脳血管障害で死亡するようになり、
結果的に癌による死亡率は下がる。

国際比較でも、平均寿命が短い国ほど癌の死亡率が低い。

日本は平均寿命も、健康寿命も世界一である。

長寿であるがゆえに癌に罹る人が多いのだ。

少なくとも現時点で、癌による死亡率が高いことを恥じる必要はない。

むしろ、誇るべきことだ。

http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20090718#p1
[PR]
by lootone | 2011-07-19 09:30 | ・ある出来事と言葉

GRAFFITI:ブルース・スプリングスティーンのポスター

よくある古いポスターを厚画用紙に貼り付け、その周りにグラフィティの文字を入れました。
ロックスターのブルース・スプリングスティーン(あだ名THE BOSS)の背景に「ROCK」の文字を入れました。

c0146783_10103190.jpg

[PR]
by lootone | 2011-07-13 10:10 | ・作品

いろいろあるけど、みんな元気になれ!!



元気過ぎ・・。
[PR]
by lootone | 2011-07-06 00:20 | ・おすすめ動画

良い人に見えたとしても、たまたま良い人に見える方角に自分が立っていただけ。

科学者アインシュタイン氏も知的障害をもつ息子に家庭内暴力していたらしい・・。

(注意:ネットからの抜粋です↓)

個人的に好きなエピソードは、中島らも氏か町田康氏かリリー・フランキー氏が
体験した話で、定食屋かソバ屋のじーさんがいて、仏のような人格者だった。

どんな客が来てもいつも笑顔で礼儀正しい。

こんないい人はいないと言うと、じーさんは謙遜する。

で、みんなでご飯注文したら、じーさんの奥さんであるばーさんが食器を運ぶ。

で、なぜかばーさんが手違いで箸を落とした。

じーさんは、その場でばーさんを「お客さんになにしてんだ、ババァ、死ね!」
みたいな感じで罵り、鉄拳と灰皿か食器で殴って出血。

ばーさんは鼻血を出してのたうつ。

ばーさんが箸を落としたのは、じーさんに心底怯えていたからだった。

その場にいた人が思ったのは
「ああ、全方面に良い人でいるのは、人間には不可能で、良い人に見えたとしても、
たまたま良い人に見える方角に自分が立っていただけ」
だそうな。

まさに。

私が人格者という評判を信用しないのはそゆこと。



浅いっぽい
http://asaippoi.exblog.jp/10904389/
[PR]
by lootone | 2011-07-04 12:12 | ・ある出来事と言葉