LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お金持ちたちの8つの共通点

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


お金持ちはワンパターンである。

去年くらいから、仕事柄、お金を持っている人たちと仕事をすることが多くなった。

お金を持っているの基準としては、一生食べるには困らなそうな人たち。

具体的には、3億以上の資産を持っている人たち、といえばいいだろうか。

もちろん飛び抜けてお金を持っている人もいれば、数億の人もいるのだけど、だいたい3億以上あれば
毎日働かないで暮らせるので、私からしてみれば同じだ。

そして、お金持ちと友達になることで、気づいたことがいろいろある。

こういってしまっては何なのだが、お金持ちたちは非常にワンパターンなのだ。



貧乏な人たちは多種多様である。

すごくおもしろいやつ、変わったやつがいたり、最高にいいやつから、最低に悪いやつまでいろいろいるが、
お金持ちはほとんどパターンがない。

もちろんこれは絶対的に貧乏の数のほうが多いわけで、数が多いから多種多様であるだけなのかも
しれないが、それにしても、である。

おそらく、お金持ちの行動や考え方のパターンが似通っているのは、それなりの合理性があってのこと
なのだろう。

逆に、そのワンパターンの行動を真似すれが、お金持ちになれる可能性があがるのかもしれない。

そこで、私が知ったお金持ちたちの共通点をまとめてみた。

何かの参考になればと思う。




「お金持ちたちの8つの共通点」



「お金持ちは親切である」

お金持ちはとにかく親切である。

異常と思える親切なことをしてくれる。

金銭的な面だけじゃなくて、「こんな大物がこんな手間をかけてくれるなんて」と驚くようなことまで
してくれたりする。

これはおそらく、親切にして得られる信用は費用対効果がいい、とわかってやっているのだと思う。

とある社長がやってくれたこと(だいたい社長個人の作業として30分くらいかかりそうなこと)で、
私は感激し、数百万円くらいの仕事を紹介したことがある。

数百万円は大きな会社にしてはたいしたことがない数字かもしれないが、それでも30分くらいの手間で、
数百万円の売上が立つなら、悪くない投資である。


「お金持ちは無駄遣いをしない」

お金持ちはとにかく無駄遣いをしない。

100円で買えるものが150円で売っていたら、滅多なことでは払わない。

お金持ってるからいいじゃないか、と私が思うようなことでも、無駄なものには一切お金を払わない。


「お金持ちはお金を使う」

お金持ちはお金を使う。

無駄遣いはしないが、お金は使う。

うまくいえないが、お金を流すということを意識しているのではないか。

自分のところに貯めておかずに、流れをよくすることで、より自分にお金がはいるようにしているのだと思う。

いわゆる投資もそうだが、若い人やこれからの人を支援したりすることには時間とお金を惜しまない。

そのことでよりお金が回ることを知っているからだ。


「お金持ちは周りを大切にする」

お金持ちは周りを大切にする。

無駄遣いは一切しない代わりに、友人に贈り物をしたり、私のような一般人に高級なディナーを
おごったりする。

これは、その行為を投資だと思ってるのかな、と思ってたのだけど、そこまで合理的ではない。

ただ周りの好きな人間を大切にしたいという気持ちのようだ。


「お金持ちは勉強する」

お金持ちは勉強をする。

とにかく本を読む。

講演を聴く。

人から教えてもらう。

勉強したことが無駄にならないことをわかっているからかもしれない。


「お金持ちは語るより聴く」

お金持ちは語るより聴く。

人にたいして自慢話をしたりはあまりしない。

むしろ人から話を聞こうとする。

考えてみれば当たり前で、自分の話をするメリットより、人の話を聴くメリットのほうがでかいわけだ。

ペラペラ自分の話ばっかりするお金持ちはあまりいない。


「お金持ちは挑戦する」

お金持ちは挑戦をする。

やったことないことや、苦手なことをやってみようとする。

たとえば、ゲームセンターなんかにいかない人たちだが、たまたまいったら流行っているゲームを
やってみようとする。

普通の人は面倒になって見てるだけだったりするのだが、積極的に挑戦をしようとすることが多い。

失敗するリスクの低さと、経験のリターンの大きさを知っているのだろうか。


「お金持ちは短期的にネガティブ、長期的にポジティブである」

お金持ちは短期的にネガティブ、長期的にポジティブである。

よくお金持ちはポジティブな人が多いと言われるが、実際には、そうでもない。

短期的には悲観的だったり不安に思ってたりすることが多い。

避けられる失敗はなるべく避けようとする。

一方で、将来的に自分がどうなるか、などに関しては驚くほどポジティブである。

長期的に悲観になっても無駄だということを知っている。

逆に、短期的に「まあいいか」と楽観的になると、のちのち悪いことが起きるのを知っているので、
目の前のことに対しては真剣に考える。
[PR]
by lootone | 2011-08-31 09:46 | ・ある出来事と言葉

福岡県にある宝石時計の「長野」のCMがすごい

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


「時間の関係」


「時の商人」


「Happy Birthtime 」


「にんげんの時間」


宝石時計「長野」
[PR]
by lootone | 2011-08-28 12:14 | ・おすすめ動画

人を変えることは簡単ではない

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



[岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは]


「何でもやってもらえるもんだ」と思っている人が多いんです。

例えば、スランプになった選手というのは大体、ものほしげにこっちを見るんですよ。

「何か教えてほしい、助けてほしい」という顔でね。

言ってやれることはいっぱいあるんですよ。

ボール蹴る時の動きとか走り方が悪いとかいろいろあるんですけど、たいてい言ってもダメなんですよ。

コーチは何やかんやアドバイスしようとするのですが、「ほっとけ、ほっとけ」と言うんです。



スランプの泥沼にあえいでいる奴らが10人いるとするじゃないですか。

泥沼であえいでいる時に早く手を出してバッと引き上げても、手を離したら大体もう1回落ちるんですよ。

そして2回目に落ちた時というのは、中々上がってこない。

これ放っておくと、10人いたら5人はそのまま沈みます。

でも、5人は必死になってもがき苦しんで、自分の力で淵まではい上がってくる。

その時に手を貸した奴は残ります。



その代わり5人はそのまま沈んでいきますよ。

そいつらからは「あの人は何もしてくれない。ものすごく冷たい人だ」と言われますよ。

だから僕はコーチに、
「お前な、今お前が手を貸したら、『あの人はいい人だった』と言ってくれるけど、
みんなまた落ちてしまうぞ。
放っておいたら5人には『ひどい人だ』と言われるけど、5人は残るぞ。
お前どっちをとる?」
と言うんです。

これはコーチにはちょっと酷で、人事権を持った監督でないと中々できないんですけど、
それくらい誰かに頼るんじゃなくて、自分でやるという人がものすごく少ないんですよね。



芝生でもそうなんです。

肥料や水をバンバンやると根が伸びないんです。

見た目はきれいなんですけど、スパイクでちょっと歩くとグニャっとめくれるような芝生になってしまいます。

芝生も大したもので、水をちょっとやらないと茶色くなって枯れたふりをするんです。

そこで水をやると、「人間、まだ甘いな」となめてかかられる。さらに放っておくと、「やばい」と思って、
自分で根を伸ばして水を探しに行くんですよね。

マリノスの時に「この芝生、また枯れたふりしていますから」と言って水をやらなかったら、
そのまま枯れたことが1回ありましたけど(笑)。

これは難しいところなんです。



でもそういうもんでね。

「いろんなことを人にやってもらうんじゃなくて、自分でやらないといけない」という意味を
our teamという言葉に込めています。



岡田武史氏が語る、日本代表監督の仕事とは
[PR]
by lootone | 2011-08-26 10:17 | ・ある出来事と言葉

洋画がかっこよく思えるのは、心底理解していないからだ。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


今をときめくリリー・フランキーが昔「ぴあ」に「日本の皆さんサヨウナラ」というコラムを書いていた。

これは映画についてのコラムだが、洋画については一切書いていない。

全てが秀作・駄作入り混じった邦画だけのコラムだった。


うろ覚えだが、彼がこのコラム集の前文として以下のような例を出していたように思う。




A子は、都会的で美しく、そしてたまにしか話さない女。
対してB子はいつもそばにいるが家庭的で地味な女。
男はA子のことを憧れの目で見て、A子について常に褒め称える。
それをB子はふくれっつらで聞いている。
だが、男がA子に惚れている点は、細かいところまでA子のことを知らないが故の勘違いで、
B子は本当はいい女だがその魅力には近いところに居すぎるが故に気付いていない。




リリー・フランキーに言わせれば、前者が洋画で後者が邦画。

邦画が駄目に見えてしまうのは、細かいところまで分かりすぎるが故で、
洋画がかっこよく思えるのは、逆に心底理解していないからだ、ということらしい。

逆立ちすれば答えが分かる♪かもしれないブログ「Jリーグのサッカーに特徴は無いのか?」
[PR]
by lootone | 2011-08-17 11:40 | ・ある出来事と言葉

失うものがない人間が一番強いっていう嘘

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



失うものがない人間が一番強いっていう、あれは嘘よ。

失うものがない人間は、確かに滅茶苦茶に闘うわ。

そういう相手に小細工は通用しない。

理屈も通じない。

だけどね、そういう奴は要するに、勝たなくてもいいのよ。

勝つ必要がないの。

負けて殺されたって何も気にしない。

だから結局、負ける。

失うものがある人間、守らなければならないものがある人間は、
滅多なことでは闘わない。

出来れば逃げようとする。

だから一見、弱く見える。

でも彼等が逃げるのは、 彼等が知っているからなのよ。

闘いを始めた以上、絶対に勝たなくてはならないってことを。
[PR]
by lootone | 2011-08-13 09:53

事故の被害者が練馬区立豊玉小学校に転校してきた。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



事故の被害者が練馬区立豊玉小学校に転校してきた。

当時の校長(栗林)が朝礼で事故の経緯について説明した後、
「事故のことは本人が辛いだろうから話さないように」って言った。

当時3年だった俺たちは変な義憤に燃えてしまった。

転向初日から校門前にマスゴミどもが群れをなしていて
登校途中の俺らにカメラやマイクをむけた。

俺らは校長の言いつけを守って無視し続けたが、
マスゴミどもは校門をふさいで何とかコメントを取ろうとしていた。

ブチ切れた俺たちは校舎に走ってゴミ連中にホースで水をかけまくった。

他の生徒たちも泥団子を投げまくった。

女子はモップを持ってきて無茶苦茶に叩きまくった。

中継車のタイヤに彫刻刀を刺してパンクさせまくる奴もいた。

金属バットを持ち出す奴もいたが、職員室から駆け付けた教師に取り上げられた。

マスゴミどもは怒りまくって「責任者を出せ!」と叫んでた。

俺らと教師が黙ってると栗林校長がやってきた。

さすがに怒られるかと思っていたら、校長は
「うるせえ!このハイエナども!最低のクズにはこれで十分だ!」
と植木鉢の泥を目の前のクズにぶっかけた。

興奮した俺らは「帰れ帰れ!」と叫びだし、再び攻撃に移った。

結局、警察が来るまで騒ぎは収まらなかった。

その後、給食の時間に放送が入り、校長が「今日はよくやった!」と行動をほめた。

教室中から勝利の雄たけびが上がった。


正直、今考えると校長の態度は大人としてどうかと思うが、当時は俺らみんな校長が好きだった。

朝礼で「プールが始まると女の子の裸を見たくなるだろ」とか、
「いじめっ子がいたらみんなでぶん殴れ、私が許す」とか、
ヤバい発言てんこ盛りの校長だったが・・。
[PR]
by lootone | 2011-08-11 09:49 | ・ある出来事と言葉

昔は、いろんな意味で自由だったのかも・・。

c0146783_10571361.jpg

[PR]
by lootone | 2011-08-09 10:59 | ・ある出来事と言葉

エコに生きるって、意外に難しい・・。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


うんこがそのまま肥料になると勘違いしてる人へ。


うんこはそのままでは肥料にはならない。

なぜなら、栄養となる有機物の結合が強かったり、粒が大きすぎて吸収できないためだ。

そこでうんこを乾燥させて粉砕するというアイデアが出るわけだが、単にうんこを
粉砕しただけでは作物がうんこを栄養として利用できるだけの有機分解はされておらず
肥料として機能しない。

それどころか粉砕したうんこをすぐ土に混ぜると土中でさらなる分解がはじまり、
うんこから炭酸ガスが発生したりうんこに害虫がよってきて作物をダメにしてしまう。


んじゃどうするのかっていうと、うんこに微生物を混ぜて発酵させて有機物分解を行う。

うんこ、骨粉、灰などから作られる肥料は有機質肥料に分類され、ぼかし肥料とも呼ばれる。

うんこを有機質肥料にするためには発酵による熟成が非常に重要で、うんこの発酵の
良し悪しがそのまま肥料としての質を決めるといっても過言ではない。

この発酵がまた難しい。

うんこに微生物をまぜてもなかなか繁殖してくれず、熟成に時間がかかる。

そこで機械によってうんこを加熱して微生物の活動を活発にして発酵を加速させる。

ただしうんこに投入した微生物の種類によって最適な温度が変わるので、
何も考えずにうんこを加熱すると逆に微生物が死滅しかねない。

このように、発酵のカギを握る微生物はうんこで繁殖する割には結構
デリケートで、温度管理の他に酸素濃度管理や水分管理などを必要とする。

近年はうんこを早く良い有機質肥料へと熟成させる手法が考案されているが、
それでも限界がある。

熟成期間は1日や1週間など論外で、前述のようなうんこを適切に管理した環境下で
もおよそ25~30日は発酵させる必要がある。

間違ってもこの熟成期間中にうんこの追加投入を行ってはいけない。

古いうんこと新しいうんこの有機質の分解度合がバラバラになり品質が大きく
低下してしまうからだ。

これがトイレをそのまま肥料工場にできない大きな理由の一つと言えよう。

[PR]
by lootone | 2011-08-09 10:18 | ・ある出来事と言葉

病気の原因は先祖を供養してないから

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



上岡龍太郎が、自分が司会やっている番組で、織田無道と乱闘になったことがあるらしい。

「病気の原因が、先祖を供養してないからなんてこと、あるか! 

お前がもし死んだ後に、自分の子供や孫やそのまた孫あたりが、
お前の墓に花を生けへんかったからって、病気にするんか!」


みたいなことを言ってたらしい。


その場は、デーモン閣下がおさめたらしいけれど、その後も、番組にならないぐらい怒ってた。

で、自然と、「何でそんなに霊能力者嫌いなの」と聞かれて、

上岡龍太郎は、憮然としてこう答えたそうだ。

「うちの母親が、病気した時に、霊能力者とか占い師が、わんさかやってきた。

それで、うちの母親に  病気になった原因は、『夫の仕事のせい』とか、『息子の仕事のせい』とか、
『先祖の供養のせい』とか、色々好き勝手言った。

それで、うちの母親は、自分がガンで死ぬかも分からん時に、俺らの心配する はめになってしまった。

そんなんで金とる商売があってええか?」


みたいなことを言ったらしい。

上岡龍太郎は芸能人だし、お父さんも有名な人だったから、便乗で名を売ろうとする
霊能力者や占い師が、お母さんの病室に、連日押し寄せて来たそうだ。
[PR]
by lootone | 2011-08-07 08:37 | ・ある出来事と言葉