LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

日本はさらに悪化する・・・TPP参加確定

民主党は・・・バカなのか・・・。 それとも民主党を大勝させた日本の国民がバカなのか・・。

民主党に入れた人、さらに不景気になるけど、絶対に文句言うなよ。


日本の官僚であり、京都大学准教授の中野剛志氏、この人は真剣に日本のことを考えている。


[PR]
by lootone | 2011-10-29 11:47 | ・日本について

[西ドイツ放送] 死の地域に生きる

いずれにせよ、福島産の食品は南相馬よりも他県での方が売れると­店主は言う。


「福島から遠い所の人ほど、あまり深く考えていません。

東京では福島産の食品はよく売れます。

福島を応援しようと言うのです。

ここではみんな放射能の恐ろしさをよく知っていますから、
福島産­の食品を買うお客さんはほとんどいません。」


[PR]
by lootone | 2011-10-26 00:00 | ・日本について

復讐よりも恐怖が上回る

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



「復讐してからにすればいいのにって何時も思うけど、自殺する子って自罰傾向強いんだよね。」




「毎日いじめに遭えばそりゃ恐怖しかないよ。

復讐よりも恐怖が上回る。

また、これ以上自分を否定されたくないんだよ。

家に帰れば心配してくれる親がいてさ、この年頃だと自分を否定される=親を否定された
気持ちになるんだよなぁ。

臭いだの死ねだのキモイだの言われてさ、お母さんゴメンナサイってなっちゃうんだよ。

だけど言えないよな。

大好きなお母さんが悲しむ姿見たくないしな。

んでどうしていいかわからず悩んで死ぬんだよ。」
[PR]
by lootone | 2011-10-25 16:30 | ・子育て

誰もが「自分は頭がいい」と思っている。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


同じ品質、同じ量のアイスクリームを、「四角」と「丸」、別の容器に入れて、価格を揃えて
販売すると、 「丸」い容器のほうが圧倒的に売れる。

それがマーガリンなら、白いものよりも、黄色く着色したほうが売れる。

ユーザーに「どんなアイスクリームが食べたいですか ?」なんてアンケートを行ったところで、
「丸い容器がいい」なんて回答は得られない。

誰もが「自分は頭がいい」と思っているから、 アンケートには「品質がいいもの」だとか、
「環境に優しいもの」だとか、考えているようでいて、 自分の購買を促した何かとは全く
異なった答えを返す。

丸いアイスクリームを購入した人に種明かしをして、「どちらも同じだったんですよ」なんて
指摘したあとでさえ、 たいていの人は気取ろうとする。

素直な人なら、「こっちのほうがおいしそうに見えたから」なんて 感想を述べるだろうけれど、
「頭がよく見られたい」ほとんどの人は、「丸い容器のほうが丈夫」だとか、 「丸い容器のほうが
環境により優しい」だとか、種明かしをされるほんの一瞬前まで、 想像もしていなかったような
「事実」を、その場で創作してみせる。
[PR]
by lootone | 2011-10-24 21:56 | ・ある出来事と言葉

救急受け入れ問題FAQ

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


■救急受け入れ問題FAQ。

 未だに「医師の怠慢だ!」「それでも医者か!」などと思っている人は、とりあえずコレを読んで欲しい。




●なんで急患の受け入れを断るの?

・(人員・設備が足りない…などの)物理的問題で、(受け入れると犯罪になってしまうケースが
 ある…などの)法的問題で「受け入れ不能」だからなんです。


●なんで「専門外だから」が断る理由になるの?

・「専門外の患者を受け入れるのは犯罪」という司法の判例(奈良心タンポナーデ事件)があるんです。


●ベッドが無いなら、廊下で治療すればいいんじゃないの?

・「設備不十分な状態で患者を受け入れるのは犯罪」という司法の判例(加古川心筋梗塞事件)が
 あるんです。

・そもそも、「ベッド」「ベッド」って言われてますけど、病院でいうところの「ベッド」は、心電図とか、
 酸素マスクとか、呼び出し用ボタンとか、それを管理する人員とか、それら全て「込み」ですからね。
 もはや「ベッド」というより「設備」と言ったほうが適当かも。


●応急処置してから、他の病院に移すのは駄目なの?

・「応急処置の後、他病院に転送するのは犯罪」という司法の判例(上に同じく、加古川心筋梗塞事件)が
 あるんです。


●なんで、一度断った病院が、後になって受け入れるなんて事があるの?

・救命中であった患者が「落ち着く」か「亡くなる」かのどちらかで、病院側に「空き」が出来たからです。


●有名人や金持ちだったら嬉々として受け入れるんじゃないの?

・西村真悟議員の息子の飛び降り自殺…アレも、重度のうつ状態で入院の必要があるとされながらも、
 「ベッドが無い」という理由で入院できませんでしたよね。
 もはや、コネやカネではどうにも出来ない程に、患者の受け入れが困難な状況なんです。


●ぶっちゃけ、人の命より金儲けのほうが大事なんでしょ?

・金儲けのほうが大事だったら、そもそも、不採算部門である救急なんて、最初からやりません。


●医師が足りないなら、海外から医師を呼んだらいいんじゃない?

・本国より遥かに待遇の悪い日本に来る理由が見当たりません。
 …というのも、実は、日本の医師の待遇は、諸外国のソレよりも遥かに悪いんです。


●ドクターヘリを導入したら?空からなら直通でしょ?

・ヘリを導入するにも、周囲の建物が邪魔で安全に飛べなかったり(ビルに激突、民家に墜落…の
 危険性あり)、ヘリポートのある(作れる)病院が少なかったり、騒音問題で導入を反対する住民が
 いたり…など、色々と問題が山積みなんです…。

・あと、ドクターヘリを必要とするほどの重症患者を扱う「3次救急」自体の数が減っていることも
 問題の一つとなっています。


●救急病院が急患を受け入れられないなら、救急病院を辞めちゃえば?

・現実に次々と辞め…ていうか、潰れていってるんです…。

・特に、重症患者を扱う「2次救急」、救急最後の砦である「3次救急」が減っていることが深刻な
 問題となっています。


●1次・2次・3次って何?どれも救急病院じゃないの?

・救急病院は、患者の緊急度の度合いによって「1次救急」「2次救急」「3次救急」と種別されています。

・「1次救急」は、入院や手術の必要が無い患者が対象、「2次救急」は、入院や手術が必要な患者が対象、
 「3次救急」は、1次・2次では対応できないレベルの重症患者が対象となっています。

・ここ数年、救急医療が不要なレベルの軽症患者が、夜間救急…特に「2次救急」「3次救急」に駆け込み、
 夜間救急がパンク状態になっている事が、深刻な問題となっています。


●2~30件も断わられる事なんてあるの?

・大多数の救急が、マンパワー不足・キャパシティ不足のために、常にパンク寸前(or 本当にパンク)の
 状態に陥っており、2~30件、いや、それ以上断られる可能性は、大いにありえます。

・また、過重労働で医師が倒れる、燃え尽きて退職…などで、救急を辞める病院も出ており、
 今後は「受け入れ不能」状態が加速、最悪、「たらい回せる病院」すら無くなり立ち往生…という事態も
 あり得ます。
[PR]
by lootone | 2011-10-22 12:38 | ・日本について

ラブ・テロリスト

厚手の画用紙にいろいろな雑誌のページを貼り付け破き、アクリル絵具・スプレー缶・ポスカで描きました。

このテロリスト・スキーマスクを被っている人物は・・・

c0146783_911356.jpg




LOOTONE ARTWORKS
[PR]
by lootone | 2011-10-19 09:02 | ・作品

才能があると思っているやつは最悪だ

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


『DIME』No.19(小学館)のインタビュー記事
「DIME KEY PERSON INTERVIEW vol.24・北野武『芸術の危うさ』」より
(取材・文は門間雄介さん)。


北野武は「才能があると思っているやつは最悪だ」という趣旨の言葉を残している。

『アキレスと亀』の主人公・真知寿も、才能があると勘違いしてしまった最悪な男のひとりだ。

では、お笑いでも映画でも頂点を極めた北野武という男は、自分の才能をどのように自覚しているのか。




「才能のあるやつっていうのは、変な言い方をすれば、ランクが上がるごとに自分の才能のなさに
気づくやつのことでさ。

自分で上手いって言うやつはたいてい下手だね。

自分の才能のなさに気がついていないから。

お笑いに関して言うと、おれはいまの若手によく言うんだよ。

おれを尊敬しろ、でもいまのおれはお前らより全然おもしろくないって(笑い)。

現役時代ならおれの芸のほうが数段上だけど、陸上競技でも昔の記録がそのまま残っている
わけじゃないじゃない。

その時代では一番だったけど、いま100mを12秒台で走っても遅いわけで、いまのお前らより下だよって。

そういうふうに理解しないとダメだよね。」




そう言うと、彼はちょっと上を向いて、どこからか取り出した目薬を右目にさした。

お笑いに関して、あの北野武が何かを終えたという自覚を持っている。

そのことになにより強い衝撃を覚える。

しかし、自分を客観視するその技術こそ、彼が言う「才能」なのだ。


http://www.enpitu.ne.jp/usr6/bin/day?id=60769&pg=20080925
[PR]
by lootone | 2011-10-15 12:03 | ・ある出来事と言葉

すごい人 根路銘国昭氏

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


1993年、日本にアジア太平洋地域インフルエンザ・センターが作られた。

それまでアメリカ、イギリス、オーストラリアにしかなかったセンターが
日本に設置されることになったのは、なぜか。

インフルエンザ・ワクチンは、毎年、WHOの専門家会議で、データをもとに今年流行しそうな
インフルエンザを決定し、それに基づいて製薬メーカーがワクチンを作っている。

それまで日本はその元になるアジア各国の膨大なデータを収集し、
WHOに送付する仕事だけをやっていた。

担当していた根路銘国昭氏は、これだけの仕事をやってるのに、
日本にインフルエンザ・センターがないのはおかしいとWHOに手紙を書いた。

それに対する返事は

「WHOも国連の安保理と同じで第二次大戦の戦勝国で構成している。
よって日本は入れない。」

というものだった。


彼はさらに抗議の手紙を送ったが返事は同じ。

それどころか、WHOに批判的人物として、彼と日本に対し冷淡になったという。


ここで普通の日本人ならどうするだろうか。

なんとか謝罪して、今までどおりの扱いにしてもらおうと努力するか、
そもそも抗議など最初からしないかもしれない。


だが根路銘氏は違った。

なんと、日本が集めていたアジアのデータを1年間、WHOに送るのをやめたのだ。

インフルエンザの大半はアジアから発生するから、そのデータがないとワクチンが作れない。

WHOは大騒ぎになったという。


そして翌年、根路銘氏にWHO専門家会議への招待状が来た。

その会議で、日本にアジア太平洋地域のインフルエンザ・センターを
作ることが決定され、彼が初代センター長に就任することになった。


こうしてインフルエンザセンター長になった根路銘氏だが、
WHOはアメリカの製薬メーカーの意向を受けた学者が力を持つ世界だった。


1993年フランスで開かれた国際会議で、アメリカが新開発した生ワクチンを、
まず日本で使うべしという議題があがった。

日本は生ワクチンの効果には疑問をもっていて既に使わなくなっていた。

根路銘氏は、「日本を実験台にして、うまくいけば各国で使うつもりだろう。」と感じたという。

その会議には日本の学者も数十人参加していたが誰も反対しなかった。


根路銘氏ひとりが、「日本は先進国であり、ワクチン政策に君たちの指導を必要とする国ではない」と
反論した。

そこでアメリカの学者に、君たちのデータをOHPで映してほしいと頼んだ。

そして日本のデータと比較すると、日本のワクチンの方が明らかに効果があるとわかり、
他の学者からも「ネロメの方が正しい」と意見があがった。

こうしてこの議題は流れ、日本人がモルモットにされるのを防いだ。


根路銘氏はこうも言っている。

「この会議の後、対立したアメリカの学者とすごく仲良くなった。
日本人同士だとこうはいかない。」


またジュネーブのWHO本部で12人の専門家によるワクチン決定の投票において、
アメリカのワクチン11票、日本のワクチン1票でアメリカ製に決まった。

もちろん1票は根路銘氏のものだ。

根路銘氏は科学的に見てこの結果はおかしいと閉会30分のコーヒーブレイクのときに、
2日間の討議で使った110カ国のデータをつき合わせてコンピュータにかけた。

するとアメリカ製は日本の半分しか効果がないと出た。

彼はこの結果を見せて、居並ぶ学者たちに

「君たちは政治家か、科学者か。科学者ならこのデータをどう見る。」

と問いかけた。

すると議長がテーブルを2回たたいて

「私の判断で採決を取り消します。ドクターネロメが提案した日本の意見に従います。」

と結果をひっくり返した。

「まるで映画のようだった」と根路銘氏は言う。


根路銘氏はこうも言っている。

「この会議の後、対立したアメリカの学者とすごく仲良くなった。
日本人同士だとこうはいかない。」
[PR]
by lootone | 2011-10-10 14:02 | ・日本について

圧迫面接

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


面接のとき

「君うち入る気無いでしょ?」とか、
「人からよく偉そうとか他人を見下してるとか言われない?」みたいな
圧迫受けてかなりムカついたんで、

「最後に何か言いたいことある?」って聞かれたとき、

「おっしゃる通り御社は第一志望ではないですし、今日の面接にて
いくらストレス耐性を知るためとはいえ、初対面の人物に敬語で話すことが
できないなど、およそ社会人とは言いがたい社員の印象を知るにつけ
完全に入社意思が失せたのですが、再び御社の大切な大切なお客様の一人に
戻った今の私に対して御社代表として何か言っておきたいことはございますか?」

って言い返したら、5秒くらい鳩が豆食らったような表情でフリーズした後、

「きょ、今日の面接はこ、これで終了です。なお結果につきましては・・」

とか質問には答えずマニュアル通りの終了宣言してきやがった。

その反応見てこれ以上追求するのもアホらしくなって、何も言わずさっさと部屋出た。

そんな感じ。
[PR]
by lootone | 2011-10-07 09:23 | ・ある出来事と言葉