LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2011年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

50歳を過ぎた男性は、生きる意味が科学的に証明されていない。

明石家さんまさんのテレビ番組で言っていたことが非常におもしろかったので、
自分なりに文章にまとめてみました。


女性の場合、脳科学の分野からみると、50歳過ぎても長生きする理由が
2004年に分かりました。
それまではいろいろな説がありましたが、確実に証明されたのは、
2004年だそうです。

その、女性が長生きする理由は、なんと「孫の世話」だと言うのです。


野生動物の中で生理がとまっても長生きするのは人間だけの特徴であって、
なぜ生理がとまっても長生きするかというと「孫の世話」があるからだとか。

女性は60歳・70歳になっても自分で子供を生んで育てることが出来るなら、
それが一番良いのですが、高齢出産はリスクが高過ぎて死亡する確立が
高くなります。
よって50歳ぐらいになれば、自分で子を産むよりも「孫の世話」をしたほうが
自分の遺伝子をよりたくさん残せます。

一般的に、女性は社会的にいろいろな面(給料や出世など)で損をすると
思われてきましたが、50歳を過ぎて「孫の世話」をするようになると、
そこで幸せを感じ、若い時の損を取り返すことができると最近の脳科学の
研究で分かってきました。

現在の研究では、ペットでもなく、養子でもなく、遺伝子のつながった
自分の孫の世話でないとダメだそうで、なぜ「孫の世話」かというと
孫の世話には「自分の遺伝子のつながった娘の世話」も含まれているから
だそうです。
(あくまでも脳科学の分野から見た場合です。)


現代社会において、男性に比べて認知症の患者さんは女性の方が2倍多く、
その理由のひとつとして現代社会において「孫の世話」を奪われるケース
(晩婚や核家族化など)が多いことも1つの要因になっています。


それと今のところ脳科学から見た時、50歳を過ぎた男性の
生きる意味が科学的に証明されていないそうです。

熟年離婚や定年離婚は流行りではなく本能的なもので、
女性は孫が出来たあたりから、亭主といることにストレスを
感じるようになるとのことです。

遺伝子を残すという大きな仕事から取り残された高齢の男性は
仕事や趣味という形で社会的な地位や名誉・貢献・お金を得ることにより
「必要な存在」と認めてもらおうと、もがいているのかもしれません。




LOOTONE ARTWORKS











c0146783_14295250.jpg

[PR]
by lootone | 2011-12-28 11:29 | ・ある出来事と言葉

児童への性的虐待の加害者は1位34%で実父、2位31%で母親の再婚相手

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



私がいたたまれなくなったのは、女性の側の子供たち(女の子)。

登録している女性の中では、娘ありの人が特に人気が高いです。

特に、その子の年齢が思春期を迎えるくらい~思春期真っ最中だったりすると
あからさまに目の色を変える男性がいます。

中には相手の女性に娘がいるかどうか最初の段階で確かめようとする人すらいます。

女性の側にも、明らかに娘をダシにしようとしている人がいました。

こちらも仕事ですから、話を進めるんですが、一体何を斡旋しているのか分からなくなりました。

中には成立したカップルもあり、子供がどうなったのか考えるのが怖いです。

自力で結婚相手を見つけられない人間は間引いたほうが不幸になる子供が減るのかなぁ、とか
考え出して、仕事中もにこやかに話をしながら目の前にいる人間をメッタ刺しにする妄想ばかり
するようになり、最終的に医者と薬のお世話になった挙句、退職するに至りました。

警察のお世話にはならずに済みましたが、児童買春斡旋の片棒を担いでいたようにしか思えず、
今も夢を見ます。
[PR]
by lootone | 2011-12-27 12:09 | ・怖かった話

赤ちゃんにハチミツを与えてもいいのですか?

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


1歳未満の赤ちゃんにハチミツは禁止と言われています。

これはハチミツ内にあるボツリヌス菌が腸内細菌の少ない1才未満児の腸内で増殖し、
その毒素によって乳児ボツリヌス症を発症する危険性があるからです。

1才を過ぎれば安定した腸内細菌が形成されるので、発症しなくなるようです。

以上のことから、

一歳未満の赤ちゃんへハチミツは絶対に与えないで下さい。
[PR]
by lootone | 2011-12-26 10:57 | ・子育て

母の日に自分の母親の声などで作った曲





LOOTONE ARTWORKS
[PR]
by lootone | 2011-12-23 03:10 | ・おすすめ動画

いじめられている君へ(松井秀喜氏)



君は、無理して立ち向かわなくていいんだ。


学校やクラスにいても楽しくない。

仲間にうまく入れない。

それなら、それで、別にいいんじゃないかな。

だれかがつくった世界に君が入らなければいけない、ということはないんだよ。


それより、君には、居心地のいい場所で、自分の好きなことに夢中になってほしい。

何かに没頭(ぼっとう)することによって、いやなことが気にならなくなることって、あると思うんだ。

逃げるんじゃない。

自分から好きな世界を選ぶんだ。

その中で同じ夢を持った友だちに出会うこともあるだろう。

新しい仲間ができるかもしれない。


ぼくは小さいころ、体が大きいだけでなく、太っていた。

それを悪く言う友だちがいたかもしれない。

ぼくはまったく気にならないタイプだからコンプレックスを感じることもなく、
ただ大好きな野球に没頭していた。

そのうちに、自然と体も絞(しぼ)れてきた。

もちろんいい仲間とも、たくさんめぐり合うことができた。


だから君にも大好きなことを見つけ、自分の夢を持ってほしいんだ。

スポーツが好きな人もいれば、音楽が好きな人もいるだろう。

何かを書いたり、つくったり。

見ることでもいい。

どんなことでもいいんだ。

大好きなものに出会えたら、それを大切にして欲しい。


君をいじめている人がいるとしたら、その人もきっとつらい気持ちでいると思う。

だって、人をいじめることが夢なんて人はいないはずでしょう。

いじめは夢の遠回りなんだ。

その人にも、自分の夢を早く見つけて欲しいと言いたい。

後悔(こうかい)するような時間は、短い方がいいからね。


だから、いま君が立ち向かうことはないんだ。


(朝日新聞2006年12月6日掲載)
[PR]
by lootone | 2011-12-23 02:33 | ・子育て

そんな自分を見つけてくれたのは、サンタクロースだった

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


中1の時、親の転勤でいきなりアメリカの学校に通う事になってしまった。

中1で田舎の中学でやってた英語なんで「Hello,this is pen」のレベル。

ひたすら「This is ○○」のレベル。

コミュ力はある方だと思っていたが完全にお手上げ。

日本人なんて学校で自分一人。

ESLという英語が第一言語じゃない生徒の為のクラスへ入れられたんだけど、
クラスのほとんどはヒスパニック。

先生も授業中はほとんどスパニッシュ。

アウェー感はんぱない。

ここでも友達作りに失敗。

ほかの授業も、周りは発言をどんどんして、グループワークをするっていうのに、
ただ黙って小さくなってノートをとり続ける自分。

ぼっちパネェ。

元々が友達が多かっただけに、孤独に耐えられずに学校で腹痛を起こすこともしばしば。

そんな自分を見つけてくれたのは、サンタクロースだった。
 
酔っ払ったサンタクロースを想像してくれたら良い。

赤ら顔で顔中が真っ白な髭の先生。

流石にサンタクロースほど髭は長くないんだけど、ビジュアル的にはそんな感じ。

太った大きな赤ら顔のおじいさんで、いつも笑ってて、いつもジョークを言う先生だった。

学校の隅で一人で弁当を食べてたある昼休み、サンタクロースがいきなりやってきて、
「コニチワ」と挨拶してくれた。

びっくりしてると、

「コニチワ、ワタシは○○デス。アメリカ人デス。どうぞヨロシク」

と拙い日本語で挨拶してくれた。

ただびっくりした。

人気者のサンタクロースは、自分には遠くて眩しい先生だったのに、今、目の前で
たどたどしく挨拶してくれた。

私も、ぼっちの寂しさで色々切羽詰ってたんだろう、驚く先生放置で
ぶわあああと涙流して号泣。

おどおどするサンタクロースは、私の頭を撫でたり、抱き締めたり、擦ったり、あわあわと動揺。

なんとか思い出した英語で「Thank you, Im so glad」と繰り返してた。



それから、お昼休みはサンタクロースのオフィスに行くのが習慣になった。

(オフィスは個人部屋。職員室がない。)

オフィスでサンタクロースは、よくホットチョコレートを出してくれた。

そして言語力が必要になる歴史にさっぱりついていけていなかった自分に補習もしてくれた。

ちょくちょく「ダイトウリョ」「ミンシュシュギ」とか日本語を挟んでくれる優しさが、また嬉しかった。

多分、事前に私が詰まりそうな単語を調べていてくれたんだと思う。

歴史以外の教科でも、いつでも快く助けてくれた。

そして授業中のジョークに日本のことを色々取り入れてくれるようになった。

サンタ「NYはしょっちゅうキングコングに攻撃されてるけれど、
    しょっちゅうUMAに攻撃されてる国があるんだよー。どこか分かる?」

生徒「は?えーっと、・・・・やっぱりNY?」

サンタ「ちがうよ、JAPANだよ、TOKYOだよ!ゴジラだよ!」

って具合に。

丁寧にゴジラの写真までプリントアウトしてきてくれたり、
授業中に歴史DVDをみる時、ゴジラのPVをみせてくれたり。

そうやって日本のことを色々と話題提供してくれたお陰で、クラスのみんなが
私に親しみを覚えてくれて、仲間に入れてくれるようになった。

サンタ「Helloは日本語でコニチワだよ、じゃ、○○(私)に言ってみよう、せーのっ」

生徒「コニチワー!」

とか。

だからみんなが私をみつけると「コニチワ(・∀・)」って声を掛けてくれるようになった。

だんだん、歴史のクラスに受け入れられていくのが分かった。

そしてそのクラスメイトからの紹介でどんどん友達ができるようになった。

そして一緒にランチを過ごす友達が沢山できて、やがてサンタクロースのオフィスから
足の遠のいていった私を、サンタクロースは「ヨカッタネェ、ヨカッタネェ」って喜んでくれた。



そして卒業セレモニーで、“一番頑張った生徒”に選ばれて表彰される事になって、
全シニアと保護者の前で短いスピーチをする事になった。

そんな所だったんだけど、スピーチではもちろんサンタクロースの事を話した。

自分がどれだけ不安だったか。

どれだけさみしかったか。

どれだけ嬉しかったか。

どれだけ救われたか。

どれだけ感謝しているか。

サンタクロースには感謝してもしきれないし、受け入れてくれていったクラスメイトも
大好きだということをスピーチした。

サンタクロースと歴史クラスの仲間達が泣いてた。

自分も泣いてた。

アメリカの卒業式は沈黙で厳かで涙で・・・ってのじゃなくて、歓声あげて、バルーン持込で
「WE LOVE MY ○○」とか、いっぱいプレート持ってくるような派手なのに、自分の
スピーチですすり泣く人が出て、自分も写真撮られているのにずるずる汚い顔で涙や
鼻水たらしながらスピーチした。

スピーチが終わると、サンタクロースが駆け寄ってきて、抱き締めてくれた。

サンタクロースにも一言どうぞって事で、サンタクロースが私の話をしてくれた。



最初、いきなり自分のクラスに英語の話せない生徒が入ってきてどうしよかと思ったとか。

どうやって授業をしていけばいいのか不安だったこと。

本当は中国人かと思ってたこと。

一人ぼっちの私をとても心配していたこと。

仲良くなりたかったこと。

友達ができていくのをみる事ができて、本当に嬉しかったこと。


私は、サンタクロースの、あの大きな腕や胸や抱き締められたときに、胸にぶつかってくるような
お腹の大きさと暖かさを絶対に忘れないと思った。

そして彼がいたから、今はアメリカの大学にも進学できた。

本当に感謝している。

感謝なんて二文字じゃ伝えられないくらい感謝している。

サンタクロースは何も言わなかったけれど、ネットで日本のことを色々調べてくれた事も、
心配してくれていたことも、一人の生徒としてとても愛してくれたことも、私に素晴らしい
青春をくれたことも、全部全部忘れない。


今でも、サンタクロースは、私のカミサマです。
[PR]
by lootone | 2011-12-21 10:58 | ・ある出来事と言葉

自殺した父

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



父が自殺しました。

5歳の息子にどう伝えようか悩み、結局ストレートに、

「じいじがね、死んじゃったの」

と言いました。

すると息子が、

「違うよ、死んだんじゃないの」

といいます。

子供にしか見えないものがあるとは聞いていたので、
父の霊でも見えるのかと思い、

「え、違うの?じいじ死んでないの?」

と尋ねると、

「うん、じいじはね、死に続けてるの」

ゾッとしました。息子は何を見たのでしょうか。
[PR]
by lootone | 2011-12-20 18:38 | ・怖かった話

西洋人には「悔しい」という感覚はほとんどないようだ。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



英語のhappyは幸福でなく喜び。

happyはhappen(起きる)と同根で、 ある出来事によりもたらされた喜びを指す。


韓国語に寂しいが6種もある。

一人になるのが嫌な韓国人らしい。


"切ない"という愛に関連した無力感の表現が日本語と韓国語にしか見つからない。


英語のloveは愛ではない。

男女の恋愛なのだ。

同性同士ならfriendship、兄弟ならbrotherhood。


英語は喜ぶより感謝が多い。

キリスト教の影響か。

悲しみも多いけど。


中国語に恥と照れが多い。

恥の文化の本家だけはある。


韓国語は退屈系も多い。

子どもがすねているみたいだ。


英語に尊敬が多いのはキリスト教の影響だろうか?

英語に悔しいに相当する言葉が少ない。

怒りを自分に溜めるという感覚が少ないのだろう。


『日本語教育探究法-シリーズ〈日本語探究法10〉/
         小池清治・氏家洋子・秋元美晴/朝倉書店/2007』

には、フランス人にどうしても「悔しい」という言葉が理解されなかった話がある。

西洋人には「悔しい」という感覚はほとんどないようだ。



「新書中心主義」
http://kaysaka.blog.so-net.ne.jp/2008-06-22
[PR]
by lootone | 2011-12-20 14:21 | ・ある出来事と言葉

バスで4歳くらいの子供が老紳士に唾を懸けた

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


バスに乗った時。

親子連れがいて、そこにいた煩い4歳くらいの子供が老紳士に唾を懸けた。

母親は何も言わなかった。

老紳士は怒り

「お宅のお子さんが私に唾をかけた、お宅ではどういう教育をしているのだ。」

というと母親は

「うちではのびのびと育てていますので、赤の他人に口出しされる筋合いはない。」

と返した。

その10分後だった。

バスを降りようとした若い男が現れ、その母親に唾をかけた。

母親がその男に

「何するんですか!」

と怒鳴ると

「僕も両親からお宅のお子さんみたいに、のびのび育てられたんでね。」

と言ってその場を去った。


躾の出来てない親ほど、他人からやられるとキレる。
[PR]
by lootone | 2011-12-16 11:44 | ・子育て

センス良いけど実用性のないクモの巣

LOOTONE ARTWORKS


ある日、家のそばで偶然見つけました。
c0146783_12264859.jpg


よーく見ると・・・クモの巣!!。
c0146783_12272483.jpg


見つけた瞬間「このクモ、すげぇセンスいい!!。」って
おもったけど・・・

たぶん餓死すると思う・・・汗。

人も同じ・・・、気をつけなきゃ・・。



後日・・・見たら、やっぱり死んでいた・・。
[PR]
by lootone | 2011-12-14 09:00 | ・ある出来事と言葉