LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2012年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

壮絶としかいいようがない。野田聖子議員の子ども・真輝くんの闘病人生。

壮絶としかいいようがない。

野田聖子議員の子ども・真輝くんの闘病人生が――。

野田は今年1月、50歳という超高齢出産を果たした。

しかもアメリカで第3者から卵子提供を受けての
体外受精による妊娠の末だった。

超法規的手段である。

10年来不妊治療を続け、その総額は1千万円以上と試算する
医療関係者もいるほどのセレブベイビーでもある。


しかし、生まれてきた真輝くんにはいくつもの障害があった。

妊娠中に肝臓と心臓の異常が判明し、生まれてからは
食道閉鎖症も見つかった。

生後11カ月で7回もの手術を受けた。

最初は胃に栄養を送り込むチューブの手術、次が肝臓を体内に
入れる手術、食道閉鎖症の手術、心臓の手術。

10月の心臓手術後は呼吸停止になり、緊急手術、気管支切開、
人工呼吸器装着、さらに脳梗塞で右半身マヒ。

11カ月になるのに体重は5キロに満たず、一時は17本ものチューブを
つけていたというーー。

他人の子どもとはいえ、あまりに忍びない。


野田の妊娠が公表された時点で多くの批判や議論があった。

日本では不妊治療が認められていないほどの高齢、障害のリスク、
米国での卵子提供、高額の治療費を払える特権階級、法整備の問題などなど。

だが野田の「自身」告白を読むと、そんな社会的議論以前の問題では
ないと思う。

もちろん、一番大変な思いをしているのは野田聖子ではなくて
生まれてきた真輝くんだ。

生まれてからずっと集中治療室で、言葉も発せない、右半身も動かない。

何度も苦しい手術をしてきた。

かなり無理やりの超法規的かつ超高齢不妊治療の末に
生まれてきたというのにーー。

http://www.cyzowoman.com/2011/12/post_4819.html


にもかかわらず、野田の物言いの主体はあくまで「自分」である。

「自身」記事にも「(野田の)出産」という言葉は乱用されているが、
「(真輝くんの)誕生」という言葉はひとつもない。

さらに野田は、産後に子宮を摘出し「もう1人などと考えていたが、
もはや望むべくもない」と泣き濡れたこと、母乳が出ないで内出血で
乳房が真っ青になったこと、 「人間ってこんなに泣けるものなのか」
とのエピソード、さらに子どもの人工呼吸器用のバンドを手作りする
ためにミシンを買ったことなど、さかんに、そして切実に自分の感情を
吐露するのだ。


野田の妊娠、出産、子育てエピソードは、真輝くんが主体なのではなく、
あくまで主人公は野田自身だ。

「こんなに大変な思いをしてまで子育てをして頑張る自分」。

しかし壮絶な戦いを強いられているのは、野田ではなく真輝くんだ。

そもそも政治家という公人が特段の問題提起もなく(今回の記事はまさにそう)、
感傷的にしかも恒常的に事態を公表するのはどんな意味があるのだろう。

これを続ける野田の根源は、親や人間のエゴなどという生易しいものではない。

はっきりいって 、"政治家のエゴ"ではないのか。


野田のこれまでの出産手記や告白記事を見続けて、これまでの違和感の
正体が段々分かってきた。

これは高齢出産の物語ではない。

政治家のエゴ物語だと。

だから野田ケースは子どもを切望する多くの不妊カップルや法整備には
何の役にも立たない。

一般性もない。

だから不妊に悩む女性や社会的問題として捉えるのではなく、政治家の性分、
自己愛、執着の強烈さとして考えるべきだと思う。


http://news.2chblog.jp/archives/51660229.html
[PR]
by lootone | 2012-01-30 11:48 | ・怖かった話

[新作追加] iPhone の壁紙をデザインしました。

またまたiPhone の壁紙をデザインしました。

例えば、こんな壁紙や・・
c0146783_1811852.jpg


こんな壁紙や・・
c0146783_18113786.jpg


こんな壁紙も・・
c0146783_1812399.jpg




随時、新しい壁紙を追加していきます。

ご自由にお使い下さい。

よろしくお願いします。

他の壁紙も見たい方はこちら↓をクリックして下さい。
LOOTone iPhone Wallpapers

ホームページからも行けます。
www.lootone.com
[PR]
by lootone | 2012-01-28 18:13 | ・LOOTone

すごくいい曲 bonobos 「あなたは太陽」

12分41秒と、とても長いですが最後まで聞いてもらいたいです。

なぜか気分がよくなります。

「あなたの未来に祝福を、圧倒的な祝福を!」

[PR]
by lootone | 2012-01-26 14:51 | ・おすすめ動画

お婆さんの狙い

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



この話は実話です。

私自身も体験したのですが、当時はなにも気付きませんでした。

霊などはでません。


それはまだ私が幼いころです。

記憶は曖昧なのですが、確か妹がまだ赤子だったので、
私は小学生の低学年だったと思います。


当時妹はひどい小児喘息で、診察と常備薬を処方してもらうため、
車で1時間ほどかかる遠方の病院に通っていました。

私は病気でもないのに、よくそれについていきました。

なぜなら、幼いころはたとえ病院だろうと遠くに行くだけで
楽しかったですし、それに道で外食をすることがあったのです。


一方、手間がかかる私をつれていくのを母は嫌がり、
「家にいなさい」と言っていました。

私はそれでも無理を言って病院についていきました。

病院では、私はいつも妹が診察をうける間、病院内を
うろうろと歩いておりました。


いつものように広い病院を探検する気持ちで歩いていると、
いきなり、院内服を着た知らないお婆さんから話しかけられました。

「ぼく、飴いる?」

そのお婆さんは、真っ白な白髪にまばらに残る黒髪が印象的で、
体格は小柄、それに酷く痩せていました。


顔色も悪くて、不健康そうに見えました。

思い詰めたように暗くて、疲れきったような表情に見えます。

なにより、私を見る目が怖かったのを覚えています。


お婆さんは、「自分はここに入院している」のだといいました。

前からよく病院内を歩く私をみて、話しかけたかったのだそうです。

「寂しいから友達になって欲しい」といいました。

私はお婆さんを怖いと思ったので嫌だと思い、
黙って首を横にふり、母の元に逃げました。


お婆さんが、そろそろと私のあとをついてくるのがわかりました。

私は妹を抱く母を見つけると、泣きながら駆け寄り、お婆さんを
指差しながら「変なお婆さんがついてくる」といいました。

お婆さんはいつの間にか僕のハンカチを持っていて、
「落としましたよ」と言いました。


母は、「すいません」と謝りハンカチを受け取ると、私には
「失礼なことをいうな」と叱りつけました。

お婆さんは「いいんですよ」と母に近寄り、そこで驚いたように
口を開けると、涙を流しはじめました。

お婆さんは母をみていいました。

「娘にそっくり」

お婆さんには10年以上昔、母にそっくりな娘がいたそうで、
その娘さんを病気で亡くされてたそうなのです。

母は、そんなお婆さんを可哀想な顔で見ておりました。


それからお婆さんは、母と妹が病院に行く曜日には、
入り口で待つようになりました。

そうして、妹と僕にお菓子や玩具をくれるのです。

「死んだ娘といっしょにいるようだ」と喜ぶお婆さんを、
母は断れないようでした。


いつの時間にいっても入口にいるお婆さんが気味悪くなり、
私は病院へはついていかないようになりました。


そうして何ヵ月か経ったころでしょうか。

母のほうから私に、「病院についてこない?」と誘うようになりました。

私は不思議に思いながらも、帰りに美味しいものを
ごちそうしてくれるかもと思い了承しました。


病院につき、妹の診察が済んで母と受付を待っているとき、
今日はお婆さんはいないんだ。もう退院したのかもしれない。と
思っていると、背後から声がしました。

「見つけた」

振り返ると、例のお婆さんが笑って立っていました。


母の顔はひきつっています。

お婆さんは院内服ではなく、私服をきていました。

「○○(母)ちゃん、最近月曜日に見ないから寂しかったのよ。
通院する曜日変えるなら教えてよ」


お婆さんは、私を見て笑いました。

「久しぶりね○○くん。今日はおばさんがご飯につれてあげるね」


断る母を強引に説き伏せて、お婆さんは私達を近くの
ファミレスにつれていきました。

食事の間、お婆さんはずっと笑っていました。


お婆さんと母が、変な会話をしていたのを覚えています。

「ふたつあるんだからいいじゃないの」

「いい加減にしてください」

「いいじゃないの」

「警察を呼びますよ」

「じゃあこれを読んで」

お婆さんは母に封筒を渡しました。


その日の帰りの車は、いつもとは違う道を走ったのを覚えています。

それと、車の中で母が変な質問をしてきたことも。

「Y(妹)ちゃんを可愛いと思う?」

「……うん」

「あなたはお兄ちゃんなんだから、なにかあったらYちゃんを
守らないといけないよ」

「うん」

「来週からYちゃんと一緒に病院にきてそばから離れたらいけないよ」

「うん」


当時は、何故母がそんなことを言うのかわかりませんでした。

それから毎回病院でお婆さんと私達は会いましたが、
ある日を境に急に見なくなりました。


それから十年以上経ち、母に「そういえばあのお婆さん
どうしてるんだろうね?」と尋ね、返ってきた答えに私は震えました。

「あの人は多分亡くなったよ。それに、お婆さんじゃなくて私と同じ年なの」


私は驚きました。

当時の母は30才代ですが、お婆さんはどう見ても60才は
いってるように見えたのです。


母から聞いた話はこうです。

退院してからもいつも病院で会うおばさんを不思議に思い、
母は知り合いの看護師に、お婆さんはそんなに悪い病気なのかと
尋ねたそうです。

おばさんは病気ではなく、自殺未遂で入院していたというのです。


娘が亡くなったショックで自殺未遂をしたお婆さんの外見は、
みるみる老けていきました。

(亡くなった娘というのは、まだ赤ちゃんだったそうです)

それなら母と似ているはずがありません。


そういえば、お婆さんが母に向かって「娘にそっくりだ」と言った時、
妹が母に抱かれていたことを思いだしました。

お婆さんは妹に向けて言っていたのです。


最初は優しかったお婆さんは、次第に母に妹を譲るよう
懇願してきたらしいのです。

もちろん母は断りました。

妹をさらわれる、とお婆さんが怖くなった母は、私を見張り役として
病院に付き添わせてたそうです。

そして、封筒の中の手紙を見せてくれました。


短い文でした。

『近く娘のところに行きます、あなたのせいです、ずっと恨みます』
[PR]
by lootone | 2012-01-25 00:17 | ・怖かった話

赤いサイフ

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


これは7年ぐらい前の話です。

高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。

実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。

一人暮らしを始めて三ヶ月ぐらいした時。

会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると
なにげにフッっと公園と道路の溝に目がいって、見てみると赤いサイフが
落ちてたのよ。

ん?っと思ってサイフを拾ってみると重い!

カード類が5~6枚入っていて、千円札が2枚ぐらいと後は小銭がギッシリだった。

直感で女性のサイフって分かった。


一瞬ネコババしようと思ったけど、当時、俺には女友達がまったくいなかったので
これをキッカケに女友達が出来るかも!?って思って近くの交番に届けた。

警察官から色々聞かれて、紛失届書?みたいなもんに記入したりして
1時間ぐらいかかったかな?


警察「その書類はそちらで保管しててください」
  「落とし主が現れた場合に必要な書類なので」
  「でわ、落とし主が現れたらこちらから連絡しますので」

俺 「はい」


どんな人かなぁ~。なんて想像しながら家に付いた。

時計を見ると夜の9時。

風呂でも入って寝るか・・・っと思っていた時

ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン

(おいおい3回も押すなよ・・・)

こんな時間に誰だと思って玄関を開けると、そこには冬場なのに
赤い超ミニスカでキャミソールの美人が!


俺「・・・どちら様で?」

女「・・・すいません」←めっちゃ小声で
 「サイフを落とした者なんですけど・・・」

俺「あっ!はいはいはいはい♪」

おいおい・・・いきなりかよ!しかも美人!

女「あの・・・紛失届の書類を貰いに着ました」←超小声

俺「あっはいはい♪ちょっと待っててください!」

急いで紛失届書を取りに部屋に戻って玄関に行こうとしたら


真後ろに女が立ってた!

え!?まさか・・・ヤレル?

何て思ってたら、女が顔をツゥーーーっと近づけてきて
「やさしいんですね」←聞き取れなかったけど たぶんあってる。
と言ってニヤァ~って笑った。

笑った口には歯が一本もなく不気味だった。

一瞬、不気味さと恐怖で意識を失いそうになった・・・。

俺「と・・・当然ですよ・・・」

女は顔を近づけたままニヤァ~っと笑っている。

震える声で

俺「あの・・・もう夜も遅いですし・・・」

なおも女は顔を近づけて

女「親切な人っているんですねぇ(ニヤァ~)」←ここはハッキリと
そう言って女は帰って行った・・・。


その日は怖くて実家に帰って寝た。

一人でいるのが怖かった。

それから三日後ぐらいにフッっと警察の人が言ってた言葉を思い出した。

「落とし主が現れたら連絡しますので」

そういえば警察から一度も連絡がなかった。

怖いけど気になったので会社の帰りにサイフを届けた交番に行ってみた。

すると同じ警察官で俺の事を覚えていたらしく

警察「まだ落とし主現れてないんだよね」

・・・え?サイフを届けた日に家に来たんだけど?なんて言えなかった。


おかしい・・・警察に行かないで何で俺の家が分かったんだ?

後をつけられた?それしか考えられない。

考えれば考えるほど怖いので忘れる事にした。

それからちょうど1年後、恐怖を忘れかけてた頃いつものように
帰り道の公園を歩いていると電信柱に人影が。

ん!?

赤いミニスカにキャミソール姿の女がいた

紛れもなくあの女が・・・

サイフを拾った場所を電信柱の影からジーーーーっと見ていた。

それ以来その公園を通る事はなかった。

今でも赤いミニスカを見るとあの時の恐怖を思い出す。
[PR]
by lootone | 2012-01-22 22:21 | ・怖かった話

呪いとか魔術ってすごい

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)


学生の時、貧しかったのに大家が家賃払えとか言うの。

んで、待ってもらったんだけど、毎日嫌味をねちねち言われる。

こっちは飯も我慢してるのに。

だから、やっつけようと思って。

先輩に悪魔呼ぶ方法聞いたら、

「さぁ。ナマニクとか供えて、合わせ鏡とかすんじゃね?」

って、言われた。


その日の夜すぐに合わせ鏡して、なけなしの金で買った生肉
置いて体育座りして、ずぅっと見てた。

で、気が付いたら朝。

翌日大家に

「あんた…昨日外から見てたけど、ずっと何してたの?」

って聞かれたので、やばいって思って、

「あぁやると肉がいっぱい見えるんです。」

って言ったわけ。

そしたら、夜すき焼きおごってくれて、部屋のカーテンも
買ってくれた。

なんか急に優しくなって、家賃も待ってくれた。


呪いとか魔術ってすごい。
[PR]
by lootone | 2012-01-20 13:58 | ・ある出来事と言葉

iPhone の壁紙をデザインしました。ご自由にお使い下さい。

iPhone の壁紙をデザインしました。

例えば、こんな壁紙や・・
c0146783_181922.jpg


こんな壁紙や・・
c0146783_1820976.jpg


こんな壁紙も・・
c0146783_18211825.jpg


随時、新しい壁紙を追加していきます。

ご自由にお使い下さい。

よろしくお願いします。

他の壁紙も見たい方はこちら↓をクリックして下さい。
LOOTone iPhone Wallpapers

ホームページからも行けます。
www.lootone.com
[PR]
by lootone | 2012-01-17 18:23 | ・LOOTone

イジメられる側にも問題があるって理解できた

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)

小学校の頃からいじめられてて、進学先も公立の中学だったから、
ほとんど面子は変わらないだろうし

「中学になってもいじめは続くんだろうなー」

って思ってた入学式の前後、案の定、新しいクラスにも前から
いじめてきた連中が五人くらい居て

「お前wwwキモいくせになに中学にまで来てんだよwwwwww」

「慰謝料払えよwww慰謝料wwwwwww」

みたいに絡んで来たんだけど、公立だから他の小学校出身の
やつがいるわけで、そのうちの一人に身長低いけど活発そうな
男子がいて(こっちはいじめっ子含めて女子)

「なにやってんのー?」

とか、本当に無邪気な感じで、いじめの輪の中に突っ込んでくるのよ。

「喧嘩? 喧嘩してるの?」

小さいのは、喧嘩してたら先生に怒られる、とかいって止めるんだけど
いじめっ子のほうはべつにそんな喧嘩してる気なんてさらさら無いわけで

「いやwww遊んでるだけだしwwwwwwゲームだよwwwwwww」

「○○小の奴は引っ込んでろよwwwwww」

とか言って、追い払おうとしたんだけど、その小さいのがなんか異常に
アクティブで

「え、ゲーム? オレも混ぜてよ」

「えっ、ちょ、何いきなり蹴って来るんだよ!?」

「え、さっきしてたじゃん。こういう遊びだろ?」

「こっちを蹴るなよ! あいつだよ、あいつ!」

「えー、五対一とかズルイじゃん。オレ男子だから二人ぶんとして、
あ、もう一人男子が居た方が――」

こんな感じに騒いで、勢いに任せてなんかでっかい男子
(中一だから170cmもでかい)を仲間に呼んでから

「じゃあ、ルール教えてよ」

とか言いだすのよ。

そのときになって、私も

「あぁ、こいつわかっててやってるな」

って思ったんだけど、いじめっ子もそれがわかったみたいで

「マジウザ、なに男子の癖に出しゃばってんの」

遊びモードやめて、本格的に追い払おうとしたけど、いろいろと
遅すぎたらしく

「へーいwwwへーいwww」

小さいのが回し蹴りとか飛び蹴り始めて、話を聞かない
止まらないwwwwwwwwwwww


小さいのは最終的に先生が止めに来るまで止まりませんでした。
(でっかいのは終始立ってただけ)

先生にも

「遊びと思ってやった。女子にそう教えられた」

とか言って、いじめっ子達の自己責任に話を持って行こうとするし

私にも

「勘違いすんなよ。あっちにムカついただけだから」

とか白状するしで、素は無邪気でもなんでもなく、その後、普段は
品行方正なわりに、いじめとかがあると他人事でも即座に噛みつく
タイプと判明。

そういう人種が居るとわかり、中学ではきちんと番犬として使わせて
もらいました。
(高校はこっちが馬鹿すぎてついていけなかった。)
[PR]
by lootone | 2012-01-16 22:55 | ・子育て

懐かしい日本の農漁村集落の風景を再び甦らせたい。

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)

[ある農林水産副大臣のメッセージ↓]

---------------------

懐かしい日本の農漁村集落の風景を再び甦らせたい。

のどかな朝があった。

母は米のとぎ汁を納屋の牛に飲ませる。

少年の私は裏の畑の菜、ヒヨコ草を集めてきて細かく刻んで鶏の餌をやる。

産み落とされた卵を探す。

そのうちに朝餉の味噌汁の匂いがしてくる。

大きな甕から醤油の上澄み液を掬って母に渡す。

すべて手作りだった。

いつしか懐かしい日本の農村の風景はなくなった。

米国の農家も変わった。

遺伝子組み換えのキングコーンをアンモニアの液肥を大量に振りまきながら
大型のトラクターで耕作を続けている。

できたトウモロコシは不味くて、農家でも自分の作ったものを口にすることは
無いと言う。

農業はおかしくなった。

今や、日本の農業は65歳以上の高齢者で61%も担っているといういびつな
形になった。

自給率は下がる一方で、世界の人口は急増、10億人の人が飢餓に苦しみ
1日に2万5千人の人が飢えで亡くなっている。

すでに世界の食糧危機は現実のものになっている。

中国、インド、ブラジルの台頭で、日本はテレビや自動車を売って、安い
食糧は買えばいい貿易立国の時代は終わった。

日本も政権が交代した。

これから、内需を中心とした農漁林業にも配慮したバランスの取れた国家を
目指さなければならない。

若い人が新しく農漁林業に参入して食べていける世の中を。

そのための戸別所得補償制度に全力を尽くしたい。

懐かしい日本の農漁山村の集落風景を再び甦らせたい。


---------------------





母が井戸水を水瓶でくみ上げてかまどでお米を炊いて
飯の支度をする時代を懐かしみたいのはわかるが、
共働きの女性が冬場に井戸水を水瓶で組んで、かまどで
飯を炊いてたら毎朝4時に起きて飯の支度しなきゃならない
のですが。


子供時代、卵を探していたらしいけど、戦前なんて家でとった
卵は、風邪でもなければ自分で食べることはなく、10日に一度
くらい巡ってくる町場の卵売りに売って、乏しい現金収入の足しに
してた時代でしょう。

日本の卵は、唯一、内外価格差のない、超競争力のある生産品
なんです。

アホな感傷にひたったり、まったく生産性のあがらない農産物に
補助金ばらまいて、鶏卵を潰す政策はホントやめてください。


手作り礼賛みたいだけど、日本の農業が、人糞と肥だめを使って
いた時代、回虫の被害がひどくて、日本の農家の6割が回虫に
やられていたって事まで忘れてしまったのか。

人糞を肥料に使うと、回虫が野菜を通して伝染する可能性がある
から危険だって事まで最近は忘れられている。

有機肥料を家庭菜園で使うって時は、ここ注意。

素人は化学肥料使いなさい。

間違っても人糞とか生の牛糞とか豚糞とか鶏糞とか畑に使わない
ように。

寄生虫のリスクがあるからね。



あと、アメリカの農業は多肥農業だけど、日本の農業ほど、単位
面積あたりで大量の肥料、石油をつぎ込んでる農業はそうないん
ですけどね。

それにアメリカのトウモロコシはほとんど飼料用だから不味くて
当然だし。


化学肥料と石油を使わない農作物?戦前の農作物がそんなに安心
だったとでも?というか、戦前からすでに日本の農業は多肥型の農業で、
化学肥料ばんばん使ってたんですがね。

そんなことも忘れてしまったのか。

で、戦中から戦後にかけて「軍部が肥料の原料を火薬にしてしまう」という
素敵統制経済をしてくれて、農産物の生産量ががた落ちして、日本人が
飢えまくったことも忘れてしまったのか。


テレビや自動車は終わってるかもしれないが、中堅クラスの企業はまだ
全然元気で世界的な競争力を未だに保持していることも忘れてしまったのか。



懐かしい日本の農村はいつの時代を指すのかわからないんだけど、
戦前あたりの農家って、麦飯・野菜の漬け物・味噌汁がデフォで
現金収入とか滅多になく、100円札が手に入ると神棚に祭るとかいう
レベルだったんですが、そこまで農家に生活水準を落とせというのですか。



まぁ、そこまで日本人が生活水準落としてもいいというなら、実は何も
問題ないんですけどね。


http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/20091114/p1
[PR]
by lootone | 2012-01-16 11:07 | ・日本について

おまえの体のトラブル2400円

LOOTONE ARTWORKS

(ネットからの抜粋です↓)



日本の医療費は先進国中、他の追随をゆるさないほど安いんだよ。


初診料日本2400円に対して、アメリカ平均20000円。

物価がはるかにやすい中国よりも日本の方が安い。


これでもまだ高いっていうのか??

ってゆーか、水道トラブル5000円トイレのトラブル8000円で、
おまえの体のトラブル2400円だぞ。


便器以下か、おまえ。
[PR]
by lootone | 2012-01-12 09:58 | ・日本について