LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「子供からヒマな時間を奪うことの恐ろしさ」

(ネットから抜粋です)


塾が子供にもたらした影響は、日本の人が考えるよりも大きかったと思う。

日本の社会をまるごと破壊するに至ったのは特に都立高校が崩壊して以後の中学への進学競争に伴って起こった「学習塾に小学生の子供を通わせる習慣」だったのではないかと、ぼくは真剣に疑っている。

学習塾のことについて前に記事にしたときには、「学校の先生はダメだったが塾の先生は好きで、そのひとのおかげでいまの私があるんです」という意見がおおかったが、 ぼくが学習塾が問題なのだ、というときには、調べたときには実名である進学教室内が教師たちの幼児性交の温床化している問題を打ち明けるひとが何人もいてぼくを驚かせたが、そうではなくて、「子供からヒマな時間を奪うことの恐ろしさ」について述べたつもりだった。


子供の意識はおとなの意識に較べて遙かに稠密なので、子供の一日はオトナの一日に較べて感覚的に言って5倍から長いと思われる。

そのただでさえ長い時間のなかで、たとえば、夏の雨に降り込められた退屈な午後、自分の頭のなかに宿っているあれこれの言語化された経験と交渉する時間をもつことが子供が育つためには絶対に必要である。

子供がやがてそれにすがって生きてゆくことになる「自分が自分であることの感覚」をつかむには、いてもたってもいられないほど退屈な時間のなかで、自分という得体のしれないものと向かいあってすごすことが不可欠であるのは、ほぼ直感的に明らかであると思うが、おもしろいことに、日本の親たちはそう思わなかったもののようである。

時間を奪われた子供は、自分が自分であるという感覚をつかめないまま社会へ出て行って、そこで自分を発見しようとする。

それは心がおとなになってしまっている以上、まったくムダな努力だが、とにかく自分が自分になってもらわねば生きている心地がしないので、終いには相手の男や女にそれを求め、酷い場合には仕事に自分を発見しようとする人まである。

悲惨、であると思います。




ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日
[PR]
by lootone | 2013-05-23 11:53 | ・子育て

歌手のローリー寺西さんの言葉

(ネットからの抜粋です)

[歌手のローリー寺西さんの言葉]


人生起こるに無駄なことなんてありません。


物事いろんな角度で見ると面白いんです。


たとえば蝉の抜け殻を見つけた時こう思ったんです。


蝉は蝉になるまでの約7年間、土の中で暮らし、ずっと自分はこういう幼虫みたいな姿なんだ…。って思っています。


きっと。


それがある日突然、土の中から出てきて、からが破れ、綺麗な羽が生えて、飛べるようになる。


今いじめられている人はそれがすべてだと思って、真っ暗な気持ちでいるかもしれない。


だけどそれはまだ未来の自分が輝く姿にあることを知らないだけ。


真っ黒で分厚い雲の上には綺麗な青空が広がっているんだから。


決してあきらめないで。
[PR]
by lootone | 2013-05-21 10:25 | ・子育て

天国と地獄

(ネットからの抜粋です)


男は愛犬を連れて長旅に出ていた。

しかし砂漠の真ん中で心臓発作に襲われ、男はそのまま死んでしまった。

再び目覚めたのは暗闇。

そばで愛犬が見つめていた。

男はちゃんと覚えていた。

自分が死んだこと、そして死んだ自分に何日も寄り添ったまま、愛犬が息を引き取ったこと。


犬と一緒に暗闇を歩き出すと、まばゆく輝く光のアーチが現れた。

奥には金銀でできた巨大な城。

門番に尋ねた。

「すみません、ここは何なんですか?このアーチはいったい?」

「ここは天国です。」

「おお、ここが天国!感激だ!!僕は天国に導かれたのか。ところでのどが乾いてしょうがないんですが、水を1杯いただけますか。」

「どうぞ。城の中によく冷えたミネラルウォーターがあります。ごちそうも食べたいだけどうぞ。」

「さすが天国!ありがとうございます。」


犬を連れて入ろうとすると、

「ちょっと待った!ペットはここより中には入れません!!」

「え・・・」

しばらく考えたが、結局男は水をあきらめて犬とともに城を後にした。


再び暗闇を歩いていると、今度は古ぼけてガタガタの木製の門が見えた。

そばで本を読んでる人がいる。

「すみません、水を1杯いただけますか?」

「中に手押しポンプがあるよ。」

「それであのう・・・。犬を連れて入ってもいいでしょうか?」

「いいよ。」

「ありがとう!」

男は水をくみ上げて、犬と一緒に心ゆくまで水を飲んだ。


それから門に引き返した。

「水をどうもありがとう。ところでここは何なんですか?」

「天国だよ。」

「天国?!でもこの近くの光のアーチの城が天国だと・・・。」

「ああ、あれは地獄だよ。」

「地獄が勝手に天国を名乗ってるんですか?怒らなくてもいいんですか?」


「うん、親友を置いていく人間を選別できるからいいんだよ。」
[PR]
by lootone | 2013-05-17 08:49 | ・ある出来事と言葉

世界のいろいろ「変態」

(ネットからの抜粋)

スウェーデンの35歳男性が、スズメバチの巣で自慰行為をした後、スズメバチに全身を刺されて死亡した。

地元紙の報道によると、同国南端の都市イースタッドで13日昼、35歳男性が自身所有の牧場で倒れ、発見後約1時間で亡くなった。

警察の調べによると、遺体の近くにスズメバチの巣があり、巣の中に男性の陰毛が残っていた。

さらに死んだスズメバチの上に男性の精液がかかっていたことから、男性は自分<のペニスを巣に挿入し、自慰行為をしたとみられる。

巣の壁面には男性の両手の指紋も残っていた。

検視の結果、男性は体中に、スズメバチによる146カ所の刺し傷があり、うち54カ所が性器に集中していた。

発見時には体が膨れ上がり、本人と分かる状態ではなかったという。

男性を発見した近所の住民は

「芝生の上にクジラの死体があるのかと思った。首に天使のタトゥーが見えたので、彼だと分かった。 自慰行為で巣を使うなんて、ひどいアイデアだ。」

と話した。




その他の「変態」さんたち↓

・西海市内の小学校に進入し女子トイレで首吊り自殺 死後も女児を見守り続ける。

・元外国人力士。牧場の中で馬とアナルセックスを試みた所、肛門と腸を突き破られて死亡。(アメリカ)

・手持ち削岩機(ドリル)をバイブ代わりにしたらどーよ→使ってみた→死亡。(アメリカの49歳女性建設労働者)

・パンティを身につけ山中で自殺。

・タイのホテルで首とあそこを繋げたロープでオナニー中に誤って死亡したキル・ビルのビル。

・車を運転しながらセックスしたら誤って崖から落ちて死亡したカップル。

・濃霧の高速で中央車線でセックス中に追突事故で死亡したブラジル人カップル。

・「見て欲しい」16歳の少年、WEBカメラに向かい公開マスターベーション。ノンストップで42回 → 死亡。(ブラジル)
[PR]
by lootone | 2013-05-16 05:00 | ・ある出来事と言葉

痴漢を疑われた時の対処法 2

(ネットからの抜粋です)

「うちの知り合いが痴漢を疑われた時の対処法」

1、疑われたら即手を上にあげ対象者に確認させる。

2、駅員を呼びガムテープを持ってこさせる。
(手は上にあげたまま)

3、手のひらにガムテープを第3者に貼らせる 。

4、相手に触った部分を確認させ繊維を採取。

5、警察の鑑識にガムテープの鑑定を頼む。


↑この知人は以前痴漢冤罪の人を助けるために証拠VTR等参加して、そういう知識を持っていたとの事。
数日後もちろん無罪ということが証明されたので、逆に裁判にかけ慰謝料請求したのは言うまでもない 。


http://www.news30over.com/archives/7108501.html
[PR]
by lootone | 2013-05-14 04:08 | ・痴漢冤罪対処法

アフリカでは、毎朝、一頭のライオンが目を覚ます。

(ネットからの抜粋)

アフリカでは、毎朝、一頭のガゼルが目を覚ます。

そのガゼルは、一番速いライオンに走り勝たなければ、殺されることを知っている。

アフリカでは、毎朝、一頭のライオンが目を覚ます。

そのライオンは、一番遅いガゼルよりも速く走らなければ、飢え死にすることを知っている。

ライオンであるかガゼルであるかは問題ではない。

日が昇ったら、走ったほうが身のためだ。


ロジャー・バニスター
[PR]
by lootone | 2013-05-10 09:17 | ・ある出来事と言葉

遺伝する才能、しない才能、微妙なもの

(ネットからの抜粋です↓)

c0146783_5103559.jpg

c0146783_5105219.jpg


現代ビジネス 「賢者の知恵」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35673
[PR]
by lootone | 2013-05-08 05:12 | ・ある出来事と言葉