LOOTONE

lootone.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

コロンブスって、本当は悪い人だった・・・汗。

[コロンブスの悪行]


コロンブスの軍勢はやりたい放題の大虐殺を続けた。

コロンブスが快復するまでに、5万人以上のインディアンの死が報告されている。

やがて完全復帰したコロンブスの最初の仕事は、彼の軍勢に対し、略奪を組織化することだった。


1495年3月、コロンブスは数百人の装甲兵と騎兵隊、そして訓練された軍用犬からなる一大軍団を組織した。

再び殺戮の船旅に出たコロンブスは、スペイン人の持ち込んだ病いに倒れ、非武装だったインディアンの村々を徹底的に攻撃し、数千人単位の虐殺を指揮した。


コロンブスの襲撃戦略は、以後10年間、スペイン人が繰り返した殺戮モデルとなった。

スペイン軍は面白半分に彼らを殺す楽しみを決してやめなかった。

1492年の「新大陸」へのコロンブスの上陸時に約800万人いたインディアンの人口は、 1496年の末までに、その3分の1までに減った。さらに1496年以降、死亡率は倍加していった。

量的にもスケール的にも、コロンブスは、エルナン・コルテスやフランシスコ・ピサロに並ぶ、 虐殺目的で戦争を楽しんだ最も悪名高いコンキスタドール、征服者の一人。

http://ja.wikipedia.org/wiki/クリストファー・コロンブス



--------------------------------

今日の作品「ちょっと休憩」
(2004年製作 キャンバス・アクリル絵具・ポスカ)
www.lootone.com
c0146783_8553424.jpg
[PR]
by lootone | 2014-02-28 08:49 | ・怖かった話

コンビニで空気の読めないオヤジ

(ネットからの抜粋)


コンビニで空気の読めない親父っているよな。

こないだもこんな出来事があったよ。

おれ「年齢確認のため、ボタンを押してください 」

親父「ハァ?未成年に見えるのかよ?」

おれ「明らかに未成年に見える場合には、年齢を確認できる身分証を提示してもらってます」

親父「だ・ か・ら、おれが未成年じゃないのは明らかだろう?」

おれ「当店・当チェーンでは販売時にボタン押していただいた方に販売しています」

親父「俺の年齢なんて明らかだろう。お前が押せよ」

おれ「もし嫌でしたら外に自販機もありますから 」

親父「タスポなんか持ってねぇよ」 ブチッ

おれ 「だったらこのボタン押せよクソ親父!」

親父「客に向かって何だその態度は!?店長を呼べ!!」

店長「お客様、どうなさいましたか?」

親父「店長?ちょっと若すぎるんじゃないか?」

おれ「若いけど店長だよ。店長すんません、クソ親父がネチネチしつこくて」

親父「なんだその態度は!店 長さん、いつもこの愚息が世話になっております」

店長「は?」

親父「なにか迷惑をかけてないでしょうか」
おれ「お前、が、 今、迷惑をかけているんだよ」

親父「お前が年齢が明らかな客に対しても年齢確認するからだろうが!!」

おれ「お前だけ特別扱い出来るか馬鹿野郎ッ!おとなしくボタン押せば済んだ話だろうが!」

親父「誰のおかけでここまで大きくなったt(r y」

店長「ちょっと裏でやってくれないか?」



--------------------------------

今日の作品「招き一つ目猫」
(2013年製作 デザイン)
www.lootone.com
c0146783_9204356.jpg
[PR]
by lootone | 2014-02-26 09:18 | ・ある出来事と言葉

デーブ・スペクターに会いたい

「憧れの人であるデーブ・スペクターに会いたい」という、19歳男子の夢を叶えるという企画があった。

高校球児だった頃、大事な試合にチャンスを迎え、ラストバッターとなったにも関わらず、打てずに負けてしまったことに落ち込み、ひきこもりがちになったとのこと。

そこでテレビをつけたら、デーブ・スペクターがダジャレを言っていて、それでようやく笑えるようになった。

その言葉は「案ずるより横山やすし」。

デーブの、どれだけウケなくてもダジャレを言い続けるチャレンジ精神をリスペクトし、それ以降デーブのスクラップまでつくるようになったこと。

有名人の何気ないテレビの一言で、人生の絶望から救い出された。

どう見ても美談である。

美談なんだが、その対象がデーブであり、その言葉が「案ずるより横山やすし」という点から、とにかく画がおかしなことになっている。

その男子のアパートにデーブスペクターがたずねてくると分かると、その男子は部屋の掃除をし、ゴミを見えないところに隠し、スーツに着替え、寿司の出前を取り、歯を磨き、目を潤ませる。

デーブはデーブで、尊敬されることに慣れていないのか、最後までドッキリではないかと半信半疑。

男子にせがまれてダジャレを言うと、男子は感動のあまり泣き出してしまい、それを見てさらに困惑する。



「デーブ・スペクターに号泣する日 」より抜粋


--------------------------------

今日の作品「マリリン・モンロー」
(2012年製作 アクリル絵具作品10枚をコラージュ)
www.lootone.com
c0146783_1145922.jpg
[PR]
by lootone | 2014-02-25 11:46 | ・ある出来事と言葉

あの頃、そんな「はした金」のことなんかどうだってよかった。

クレヨンしんちゃんやドラえもんが始まった頃、しんちゃんの家やのび太くんの家はどちらかというと「中の下」ぐらいだったなぁ・・。
今では・・・確実に「上の下」ぐらいになってしまった・・・。

(ネットからの抜粋)

僕は1985年に開かれた高校のクラス会のことをよく覚えています。

最初から最後まで株と不動産の話だけで終わりました。

僕はどちらとも無縁だったので、まったく級友たちの談笑の輪に入ることができず絶望的な気分になったのを覚えています。

そのときも誰も「年金の話」はしませんでした。

そんな「はした金」のことなんかどうだってよかったのです。


--------------------------------

今日の作品「少女」(2009年製作 キャンバス・アクリル絵具)
www.lootone.com
c0146783_17443918.jpg
[PR]
by lootone | 2014-02-24 17:37 | ・日本について